菊池桃子さん 再婚

菊池桃子さん 再婚

スポンサーリンク

ニュース

菊池桃子さんブログ「私設 研究室」で再婚発表、お相手は経産省エリート

2019-11-04

女優の菊池桃子さんが、11月4日、自身のブログで、再婚の発表をした。

お相手は、一般男性とのこと。

その後の報道で、同日お相手が経産省のエリートであったことが分かった。

 

菊池桃子さんが、11月14日ブログで「入籍のご報告」、相手は経産省エリート

 

ブログ記事では、「今年に入ってからお付き合いをされていた一般の男性と暦に合わせて、入籍を致しましたことをご報告申し上げます」と書かれている。

 

ブログでは、「長男と長女が、再婚を応援してくれ、いまともに喜んでくれている」と触れている。

 

お相手の方についても

「いくつになっても、人間的な成長を目指す前向きで、明るい伴侶」と紹介している。

 

「菊池桃子さん、おめでとうございます」と言いたい。

菊池桃子さんのオフィシャルブログ

 

実はスゴい|菊池桃子さんの活躍ぶり

 

今の若い方は、知らないかも知れない菊池桃子さんの活躍ぶりを紹介しておきたい。

 

菊池桃子さんは、15歳で女優でデビューしてる。

しかし、やはり当時印象にあるのは、16歳で歌手としてもデビューしたが、あまりにも弱々しく頼りない感じの歌声でした。

しかし、日本レコード大賞の新人賞受賞したあと、最優秀新人の選考対象になる事を辞退していたらしい。

そのエピソードからも、見た目のかわいい感じの印象とは違う「流されない心の強さ」を筆者は感じています。

しかし、歌手の方は、あまり成功せず、20歳の時にロックバンドを結成し、売れずに失敗したのを最後にしている。

その後は、女優にシフトしている。

 

菊池桃子さんは、1995年には、プロゴルファーの西川哲さんと結婚し、その後2012年に離婚している。

その結婚では、1男1女をもうけている。

その後、2015年に長女が障害を持っていることを、テレビ「ノンストップ」(フジテレビ系)で公表している。

 

その決意のある振り返りの中で、長女が小学校に上がったあと、障害を持った子にあった学校探しを始めた時のことに触れている。

しかし、障害を持った子の就学相談に乗ってもらえる自治体が少なく、教育相談の場所が確立できていないと問題提起をした。

その後、菊池桃子さんは障害持った人の雇用に興味を持ち、40歳になり、法政大学大学院に入学し、雇用問題を先行したようだ。(学術研究分野は「雇用政策を踏まえた人びとのキャリア形成)

大学院では、周囲から「先生に向いている」と言われたそうだ。

卒業後は、母校の戸板女子短期大学の客員教授に就任し、2015年には、1億総括公民会議民間議員に起用されるなど、活躍ぶりがスゴい。(現在も客員教授を続けている)

2016年には、文部科学省 初等中等教育局 視学委員に就任している。

スポンサーリンク

-ニュース
-,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.