不動産 AI化

スポンサーリンク

不動産売買 仕事

不動産仲介業は、外注化・ロボット化・AI化によって、社員は半減する

2019-10-20

不動産業も既に進化を続けている。

現在2019年秋から、3〜4年以内には、社内の営業社員は半減するだろう。

(不動産仲介会社を経営する立場から書いています。)

 

フルコミ営業やフリーランサーとして、業務を一部を請け負う人がもっと増える。

 

不動産業も変化をしている

不動産 AI化 (1)

 

新築のマンション業者は少し事情が違う。

しかし、それ以外の新築戸建・中古マンションと戸建に係わる業務については、これから、どんどんAI化・ロボット化(自動化)へと進んでいくと思われます。

 

一つの事例として、社員が10人ほどの中古物件の売買を主としている会社を参考に考える、と分かり易いです。

この会社には、一般的な経理事務はいない。

経理事務の仕事は、外注されているからです。

 

それ以外の業務を解体してみよう。

1)売却希望の査定し売主から売却依頼を受ける業務

2)物件情報をホームページに公開し、問合せを集める業務。

3)問合せ客に対応する、いわゆる営業職の業務。

4)問合せ客の要望に合わせて、物件を案内し、不安を払拭し、購入申込を受けるまでの営業業務。

5)購入のためのローン手続きのサポートをする業務。

6)売買契約〜決済引渡

 

大きく分けると、以上の業務が、いわゆる不動産仲介業の業務です。

外注化・AI化によって完全に無くなる業務

3番の業務は、現時点で既に一部では、外注化が進んでいる。

本来の営業の仕事である、見込み客を作る仕事です。

これが無くなる。

 

外注化・AI化によって半分以下の人員で十分な業務

この領域の業務が多い。

1番、2番、4番、5番、6番の業務です。

1)売却希望の査定は、AI化により、売主が自分で売却価格が分かるようになる。完成度が未だ低いが、PCやスマホのアプリで、既に出来るようになっている。

2)不動産業者である必要があるのは、各ポータルサイト(SUUMOやアットホーム)への情報公開のみです。例えば、物件写真は、売主から写真データを送ってもらえば良い。その協力具合によって、仲介料の割引も一般化する可能性がある。

4)営業のいわゆるクロージングの場面であり、ここは、未だ人間力の必要な場面ではあるが、変化していくことは、明白です。

5)この業務は、専任で1人いれば十分。月に10件ほどの案件には、対応可能です。

6)現状の法律では、個人で売ること(売買合意)は出来ても、買う方が住宅ローンを使う場合に、必要な書類を作成できる人が宅建取引士に限られています。人員数は、契約数にもよるが、極少人数で対応できる業務です。

ここまで進むのに必要な時間は、今後3年までは、無いかも知れない。

 

外注化・AI化ではカバーできない業務

これは、不動産仲介業においては、ほとんど無いということです。

 

 

不動産業の近未来

不動産仲介業の未来は、会社に勤める人は、半減するでしょう。

逆に、フルコミ営業や、フリーランサーとして電話業務・メール業務を外注で受ける人の数が増えるだろう。

既に他業界の一部では、電話業務にAIが入ってきていると聞いている。

フリーランサーとしては、AI二は、出来ない対応が出来ることが差別化になるのかも知れない。

 

営業の多くの仕事は、外注化とAI化により、現在の社員数が半分になっても、会社は同じ程度の売上を維持できるだろう。

人件費よりは、外注費の方が安いわけですから、収益としても良くなる可能性が高い。

 

昔ながらのやり方から、離れられずにいる会社や個人は、この先、かなり近い未来に淘汰される可能性が高いと思います。

個人の場合は、働く場所が無くなるということになるわけです。

そうなる前に、自分の働き方を変えなければ、厳しい。

 

電話営業やメール営業を、進化させて、フリーランサーとして働くやり方も有りでしょう。

 

スポンサーリンク

-不動産売買, 仕事
-, ,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.