不動産売却仲介手数料はいつ払うのか

スポンサーリンク

不動産売買

不動産売却 仲介手数料はいつ支払うのか|不動産会社社長が解説

不動産会社に売却依頼をして、数件の見学があったのち、条件合意もできたので売買契約の手続きへと無事にすすんで行く場面です。

さて、ここで、不動産会社への仲介手数料はいつ払うのだろうと、

ふと気になります。

実は、売却依頼をお願いした媒介契約書に署名捺印した時に、聞いていますし、書面に書いています。

数ヶ月時間が経過したことで、記憶が曖昧になっているのです。

 

 

仲介手数料を支払う時は、基本原則は売買契約(売却が決まった)が成立した時

不動産売却仲介手数料はいつ払うのか (1)

不動産売却仲介手数料はいつ払うのか (1)

 

不動産会社が売主さんから受け取る「仲介手数料」は成約報酬です。

成約した時に、不動産会社は手数料の請求権が発生し、お客さんはそれに対して支払うことになります。

では、「成約」とは、どの時点を指すのか言いますと、「売買契約」が成立した時と規定されています。

 

売却依頼を受けた時の媒介契約ではありませんし、物件の引き渡しが完了した時でもありません。

これは、売却依頼をした時に、不動産会社から交付された媒介契約書に記載されています。

 

 

 

実態としては、仲介手数料は、売買契約(売却)成立時に50%、引き渡し完了と同時に50%という会社が比較的多いです。

 

 

しかし、売買契約時に全額という会社も存在しますし、決済引渡時に全額をいただく会社もあり、いずれも法律違反ではありません。

50%ずつ受け取る会社が多いのは、国土交通省が50%ずつという方法を推奨しているからです。

(あくまでも推奨というレベルです)

 

時々、誤解をされているお客さんが、Yahoo!知恵袋等に相談質問をあげているのを見かける時があります。

「売買契約が完了したら、不動産会社から、仲介手数料を請求されました。引き渡しが終わっていないのに、支払うべきですか?」

Yahoo知恵袋

などというものです。

 

回答としては、その不動産会社は、特に間違えたことはしていません。

売主さんであれば、売却依頼の契約=媒介契約締結の時に、説明を受けているはずです。

 

また買主さんであれば、売買契約の直前に「契約の案内」を確認した時に、準備するものとして「手付金」「仲介手数料の全額或いは半金」「契約印」「権利証(あるいは登記識別情報)」の説明を聞くはずです。

仲介手数料は、物件の引渡との関係性は、法律上定められていません。

定められているのは、あくまでも売買契約の成立です。

 

 

 

売買契約が何らかの理由で、解約となった場合の仲介手数料は

不動産売却仲介手数料はいつ払うのか (1)

不動産売却仲介手数料はいつ払うのか (1)

 

では、売買契約が何らかの理由で解約となった時に、仲介手数料の扱いがどうなるのか、について解説します。

 

仲介手数料は、成約報酬です。

売買契約の締結が成立した時に、仲介手数料を支払う条件は成就しています。

つまり、支払いをする条件が満たされています。

ですので、不動産会社から仲介手数料を請求された場合は、支払い義務が生じます。

法律上、コレが正です。

 

売買契約が成立したのちに、売主さんか買主さんのどちらかの意向で契約を解除するとなる場合が、これにあたります。

この場合、契約が解除となりましても、仲介手数料の支払い義務は存在しています。

 

また、買主さんの住宅ローンの本申し込みが否決された場合は、白紙解約です。

この場合は、契約がなかったものとして扱われます。

この時点で、もしも支払い済みの仲介手数料ある場合は、返金されます。

 

以上、2つの事例は、似ているように感じるかもしれませんので、再度解説します。

 

 

これは「契約解除と白紙解約」の違いにあります。

住宅ローンの予定通りの結果が得られないというのは、白紙解約となりますが、読んで字の通り、白紙となり、なかったものとして扱います。

ですので、売買契約自体がなかったものになるわけです。

 

対して、契約解除というのは、契約が成立している状態の中での、買主か売主の意向による解除です。

ですので、どちらか違約のある方に違約金の支払いが発生します。

 

例えば、売買契約から始まり、買主売主それぞれの手順がこなされていく中で、決済引き渡しを目前にした時点だと仮定します。

この時点で、買主売主どちらかの事情により、「契約をやめたい」という状況が発生してしまった時、相手方に契約をやめたい旨を申し入れている状態が違約(つまり契約違反)ということです。

 

この場合、契約自体はなくなるわけではないのです。

ですから、解除に向けた手続きの一つとして、違約金の請求となるのです。

仲介手数料の支払い義務は、先にも解説しました通り、契約の成立により、発生します。

 

ですので、ローンの白紙解約は、請求されません。

しかし買主売主どちらの都合による契約解除の場合は、支払い義務は消えません。

ご理解頂けましたでしょうか。

 

 

匿名 査定 (1)

不動産売買

2019/11/5

不動産売却の査定|匿名ではできないのか|不動産会社社長が解説

相続など、何かの事情や状況が発生して、不動産の価格を知りたい事って有りませんか? その時に、不動産会社の営業からしつこくされたくないので、匿名で出来る方法ってないのかな、って調べたのではないでしょうか?   はい、結論を言えば、匿名で査定が可能な不動産査定サイトは1社だけ対応してますね。 ただ売却査定というにはほど遠く、精度は低いです。査定に必要な要素が匿名のために分からない情報が多いためです。 なぜ匿名査定では、ある程度の精度ある概算価格が計算出来ないのか、について解説します。   ...

ReadMore

不動産売却仲介手数料はいつ払うのか

不動産売買

2019/11/5

不動産売却 仲介手数料はいつ支払うのか|不動産会社社長が解説

不動産会社に売却依頼をして、数件の見学があったのち、条件合意もできたので売買契約の手続きへと無事にすすんで行く場面です。 さて、ここで、不動産会社への仲介手数料はいつ払うのだろうと、 ふと気になります。 実は、売却依頼をお願いした媒介契約書に署名捺印した時に、聞いていますし、書面に書いています。 数ヶ月時間が経過したことで、記憶が曖昧になっているのです。     仲介手数料を支払う時は、基本原則は売買契約(売却が決まった)が成立した時 不動産売却仲介手数料はいつ払うのか (1) &nb ...

ReadMore

マンションが高く売却できるのには、コツではなく理由がある

不動産売買

2019/11/5

マンション 売却で高く売れるのはコツではなく理由|現役社長が解説

筆者は不動産業界30年のキャリアがあります。 過去には、マンションを高く売却するにはコツがあると考えていたことがあります。 また、会社によって販売力がちがうと考えていたこともあります。 しかし、これは皆、錯覚であり幻想でした。 高く売れるのは、高くても売れるという条件が揃うという理由があるのです。 では、筆者の経験からマンション 売却について解説させていただきます。 高く売れるのはコツではなく理由です。     マンション 売却|高く売れるにはコツではなく理由がある   一つ ...

ReadMore

不動産 売却

不動産売買

2019/10/26

不動産を売却するなら2019年の今がウリ時

ポイント この記事で伝えることは、以下の通りです。 ・不動産売却の売り時の基本原則 ・新築マンションが販売不調、しかし中古マンションはまだ好調   筆者は不動産業界で30年生きてきた現役の不動産会社社長です。 先日、筆者はこういう記事を書きました。 「マンション売れない市場|値下がりが始まってる」   新築マンションの価格は首都圏で2017年にピークを打った後に、2年続けて合わせて23%も値下がりをしている。 更に完成在庫は5年前の2倍を超えています。 新築マンションが好調なのは、東京 ...

ReadMore

不動産 売却 注意点

不動産売買

2019/10/25

現役社長が解説|不動産売却時の注意点4つの場面

ポイント <この記事でお伝えすること> ・不動産売却時の注意点|4つの場面 ・注意が必要な理由|4つの場面   今回は、不動産を売却するときに注意すべき点について4つの場面に、分けて解説します。 4つの場面のいずれも重要なんですが、やはり一番最初の不動産会社を選ぶ場面が特に重要です。 不動産会社選びを失敗すると、売却の失敗か成功に一番響きます。 では、現役不動産会社社長の筆者が解説します。     現役社長が解説|不動産売却時の注意点4つの場面 人生で最も高額な金額の取引に接 ...

ReadMore

スポンサーリンク

-不動産売買
-, ,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.