スポンサーリンク

転職

転職時の履歴書の書き方|大事なのは志望動機

投稿日:2019-04-19 更新日:

筆者は、現役の不動産会社社長です。

つまり採用する立場の責任者です。

 

ポイント

この記事でお伝えするのは次の通りです

履歴書の書き方で、大事なのは「志望動機」。採用担当が最初に注目します

履歴書の中で職歴自体はあまりに短い期間の部分は省略して構わない(個人的見解)

・採用担当が知りたいのは、何処に勤めていたのか、よりも何が出来る人なのか(職歴書は別紙でつくる方が良い)

 

その立場から履歴書の書き方について個人的見解も述べています。

特に志望動機についての書き方です。

なぜなら、採用側が一番注目するポイントだからです。

 

 

履歴書で大事なのは志望動機。その書き方がポイントです

履歴書で大事なのは志望動機。その書き方がポイントです

 

履歴書の書き方について、一番重要に考えた方が良いのは、志望動機です。

一般的な履歴書は、志望動機のスペースが小さめになっています。

しかし、採用側は志望動機の書き方を、一番重視しています。

履歴書の書き方には、個人により、色々なスタイルがあります。

履歴書のみの人もいますし、履歴書に合わせて職歴書を送ってくる人もいます。

 

履歴書の中で、志望動機が最も大事です

一番最初に見るのは、志望動機です。

しかし、ほとんどの方が、「御社の社風に・・・」「不動産に関心(当社の場合)があります・・・」と書いてあります。

それが本当に、あなたの志望動機でしょうか。

この書き方だと、会社の社風を知っていることになります。

また、不動産が好きなのに、関心があるのに、なぜ前職に長いこと在職していたのだろうと思ってしまいます。

 

もしその会社に本当に入社したいと思っているのなら、その志望動機の書き方は、非常に勿体ないと思います。

履歴書をたくさん見る立場からしますと、志望動機にその方の個性や入社への思いがこめられた書き方の方が、良い人に感じられます。

採用する側からしますと、なぜ当社を選ぼうとしているのかが一番気になるポイントです。

 

志望動機の書き方は、キレイな素晴らしい言葉で作らなくて良いのです。

志望動機を本当の気持ちを表現する書き方がされていると、採用側の目に留まりやすいです。

 

もしも、志望動機が考えつかないのであれば、あなたは本当にその会社に転職入社したいと思っていないのかもしれません。

それは、面接するとすぐにこちら側に伝わってしまいます。

書き方でわかってしまいます。

 

異業種からの転職であれば、なぜ今回この業種を選ぼうとしているのか、です。

同業からの場合であっても同じです。

なぜ、この会社を選ぼうとしているのか、この志望動機が本当に大事です。

 

学歴・資格は実はあまり見ない

もしかすると履歴書を書く側からしますと、一番時間をかけるのは、学歴・資格の部分かもしれません。

しかし、学歴も資格についても、実は採用する側は、あまり重要には見ていません。

ここは採用する会社や担当によって個人差があるかもしれません。

学歴がその後の業務に生かされていると感じた記憶がありません。

 

例えば、国立大を卒業などの学歴の持ち主が当社に入社したことがありましたが、その学歴は、業務には活かされず、退職しましたね。

学校と社会は別です。

資格もそうです。

コレクションのように、たくさんの資格を持っていて、履歴書にそれを書いてくる人がいますが、正直なところ、困ってしまいます。

ただし、今回応募した会社の事業に必要な資格の場合は、プラスとしてみます。

例えば不動産業でありましたら、宅建取引士の資格を持っている場合、プラスに見られます。

 

 

 

履歴書の中で、重要なのは志望動機の書き方です。あまりに短い職歴は省略して構わない(個人的見解)

履歴書の中で、重要なのは志望動機の書き方です

 

筆者も30年間に5回転職していますし、転職はあっても構わないと思います。

また、数ヶ月で退職したような職歴は、書かなくても良いと考えます

但し、あくまでも個人的な見解ですが。

知りたいのは、志望動機です。

 

職歴に書かれてあると、当然ながら、短い期間の退職理由などを質問することになります。

採用する立場としては、退職理由は確かに気になる点ではあります。

しかし、多い場合・短い場合は、書かなくとも大きな影響はないものと考えます。

 

少し余談ですが、最近職歴書に以前の会社のことを詳しく表現する書き方の人が増えている気がします。

転職関係の本やネットにそのような書き方のアドバイスがあるのででょうか。

資本金がいくら、従業員数が何人、事業内容、そこで何を担当していたか、を書いてくるのですが、採用する会社ではその情報は求めていない会社が多いと思います。

もっと、要約して簡単な書き方をしていても、問題は起きないと思います。

 

 

 

採用担当が履歴書で知りたいこと。志望動機以外では、何が出来る人なのか(書き方に注意)

採用担当が履歴書で知りたいこと

 

採用担当が知りたいことは、どんなことが出来る人なのかということです。

もし、あなたが転職経験のある方であるなら、一般の履歴書の職歴のスペースでは不足していると思います。

その場合の書き方は、別紙で作成した方が良いです。

 

その際は、先の文面にも書きましたが、どんな会社に勤めたということの詳細ではありません。

その会社でどんな業務の経験をしてきたので、自分にはどんなことが出来ます、ということです。

できる仕事の内容が書かれている方が、採用担当にとって、あなたの個性が理解しやすくなります。

 

また、在職中の実績を職歴書に書いてくる方もいます。

突出した実績であれば、それでも採用担当に伝わると思います。

そこまでではないと思うのであれば、もう少しアナログ的に、かつ具体的に書いた方が採用される可能性は高まると思います。

 

アナログ的といいますのは、本来数字で書くのが共有しやすいのですが、異業種からの転職の場合だと、専門的な数字で表現されていても、数字の意味を共有し理解することが難しいからです。

 

 

履歴書や面接で、評価されるのは、志望動機。書き方に注意

履歴書や面接で、評価されるのは、志望動機。書き方に注意

 

履歴書を見るときも、面接でも、会社が一番知りたいことは、どんな人柄の人物なのか、です。

どのくらいやる気を持っているのか、です。

 

なんだ、そんな当たり前のことではないですか、と思う人もいるかもしれません。

しかし、この基本的要素がすごく大事です。

 

「人柄」については、「穏やかで、素直な人物」という資質があると会社は評価します。

実は、その性質は、本人にとっても良いのです。

ですから、このポイントをうまく表現する書き方が大事です。

そういう人は、自分が知らないこと、また知っているがやり方が違うことなどを、まずは素直に受け入れることができます。

ですので、仕事の覚えも早く、成果も早く出る傾向があります。

 

逆に、「素直ではない」とは、どういうことかというと「抵抗する」という要素が強いということです。

抵抗する気持ちを持っています。

新しい会社で違うやり方を学ぶはずなのに、抵抗の気持ちが強いので「学んだり、覚えたり」ができません。

これは、会社に取っても本人に取っても非常に不幸なことです。

 

 

まとめ

履歴書の書き方で、一番大事なのは、志望動機です

履歴書の中であまりに短い職歴は省略して構わないと思います

・職歴書は、履歴書とは別に作って、自分は何が出来る人なのか、どんなことが得意に出来る人材だと書くのがおすすめです。

 

ここまで読んで下さいましてありがとうございます。

 

 

薬剤師が転職を繰り返す

転職

2019/10/11

薬剤師が転職を繰り返すと、何かデメリットはありますか?

薬剤師に限りませんが、どんな仕事であっても転職を繰り返していると、デメリットが大きくなっていきます。 転職の回数が増えると共に、転職で採用される可能性は少なくなります。 当然、専門性の高い薬剤師であっても、同じです。   もう一つのデメリットは、薬剤師としてのキャリア形成にも悪い影響をしてしまうことです。 今回の記事では、薬剤師にフォーカスし、転職のデメリットについて、解説しています。       薬剤師が転職を繰り返すデメリットの1   薬剤師が転職を繰 ...

ReadMore

未経験で経理へ転職する際の求人の見つけ方

転職

2019/10/6

未経験で経理へ転職したい方必見!希望する経理求人の探し方

仕事をしてるけど、単純な事務作業ばかりだと、将来が不安ですよね。 他方、経理業務は、どの会社でも通用するスキルなので、経理職へ転職したいと思う方も多いと思います。 ただ、未経験者でも受け入れてくれる経理求人は多くないので、効率のいい探し方を紹介していきます。   ポイント この記事でお伝えすることは次の通りです。 ・未経験での経理の求人はそう多くはない ・自分で経理未経験者OKの求人を探す方法 ・専門のアドバイザーに紹介してもらう方法   この記事を読んでくだされば、経理経験なしでもO ...

ReadMore

転職活動で高収入の求人を探す方法とは (1)

転職

2019/9/29

転職を希望する方必見!高収入求人の探し方

今の仕事の給与に不満があり、もっと高収入な仕事を見つけたい。 ハローワークで探しても、高収入の求人はなかなか見つからない。 こうした悩みをもっている方に、お勧めの高収入求人の探し方をご紹介します。   ポイント この記事でお伝えすることは次の通りです。 ・ハローワークは、高収入の求人探しには向いていない ・転職サイトを活用し、自分で高収入の求人を探す ・転職エージェントを利用して、高収入の求人を紹介してもらう   この記事を読んでくだされば、転職における高収入求人の探し方が理解できます ...

ReadMore

契約社員等から正社員へ転職。注意点を紹介します

転職

2019/9/29

契約社員等から正社員へ転職。注意点を紹介します

契約社員の中には、将来のことを考え、正社員への転職しようと考えている方も多いのではないでしょうか。 正社員への転職をスムーズに進めるためには、いくつかの注意点が必要です。   ポイント この記事でお伝えすることは次の通りです。 ・企業選びの重要性 ・アルバイトと正社員の面接の違い ・見た目を整え、アピールポイントにする   この記事を読んでくだされば、「契約社員等から正社員へ転職する際の注意点」が理解できます。 では、解説してまいります。     契約社員等が正社員 ...

ReadMore

転職の手順を間違えたと後悔しないために

転職

2019/9/27

転職の手順を間違えたと後悔しないために

転職の手順を間違えている人は、意外に多いのではないか。 その結果、退職がスムーズに完了しなかったり、次の転職先がうまく決まらなかったり、など予定外のトラブルや悩みを抱えてしまうと聞きます。 それは、転職の手順を間違えた可能性があります。 この記事では、転職の手順と注意点について、解説してまいります。 あとで、失敗したかも、と思わなく良いように、参考にしてください。 筆者は、転職コンサルタントではありませんが、40年間に自分自身の転職が5回と起業をしています。 それらの経験を踏まえて、解説いたします。 &n ...

ReadMore

スポンサーリンク

-転職
-, ,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.