営業 向いてる 向いてない

スポンサーリンク

営業

営業に向いてる人|向いてない人|何故そう思う。適性診断?誰かに言われた

2019-03-26

・実は営業向いてる人は、明るく話し好きな人ではない。適性診断なんて信用できません。

・営業に向いてる人は、お客さんから選ばれる人

・明るく話し好きな人が営業向いてる人になるためには

・営業に向いてる人は、実は無口で大人しい人

 

営業に向いてる人について、皆誤解してます。

筆者の営業経験40年から解説します。

 

きっかけは、ささいなこと。

適性診断の結果、営業に向いてると出ましたか。

それとも、上司や知人、あるいは誰かにそう言われたのですか。

 

本当に営業に向いてる人は、本や記事に書かれているような「明るく話し好きな人」ではないです。

それは筆者に言わせれば、むしろ営業に向いてない人です。

 

筆者も営業に向いてないと言われた経験ありますが、地区のコンクールで1位の経験があります。

なにより、向いていないと言われた営業を40年やってきました。

適性診断も当てになりません。

では、筆者の40年の経験から解説します。

 

 

営業に向いてる人と適性診断の結果は関係しない。分かるのは性格だけ。

実は営業に向いてる人は、明るく話し好きな人ではない

 

適性診断・適性検査というものがあります。

どんな仕事に向いてるか、あるいは向いてないのか、が分かるとされています。

結果をいいますと、「適性診断」は、当てになりませんでした。

何度も使った経験がありますが、適性なんて分かりません。

分かるのは、性格の傾向だけです

 

営業に向いてる人も、向いてない人も、誤解してます。

それに世間の認識は間違っています。

真実は、逆だと思います。

営業に向いてない人と思われていた人が、実は営業に向いてる人です。

営業に向いてる人と思われていた人が、実は営業に向いてない人の可能性が大です。

 

それが、筆者の40年の経験から、得られた結論です。

 

営業に本当に向いてるのは、「控えめ」「おとなしい」「地味」「明るい方ではない」「口下手」[無口」・・・な人です。

向いてない人と思われていた人たちです。

 

明るく元気で話し好き、知らない人とでもすぐに親しくなれる、そんな人が営業に向いてる人と言われてきました。

今でも、その様に転職サイト関連には書かれていると思います。

でも、それは違います。

明るく話し好きな人は、そのままの性格では、営業職についても上手く行かない・向いてない人が多いです。

 

 

営業に向いてる人と誰かに言われた。「明るく・話好きな人」が、実は苦戦している

筆者は、40年間営業の仕事をしてます。

社員として30年、社長として10年目です。

その経験から分かったことを話します。

 

誰とでも話が出来て、明るい性格で人と接するのが好きですという人、営業現場に出て行くと、なかなか上手くいきません。

いかにも営業に向いてる人と思われる人が苦戦します。

良いのは、最初だけです。

本当は営業に向いてない人なんです。

 

でも、誰からに言われたんですね。

明るくて、話し好きな様子を見て、そういったのだと思います。

そういうことに人は無責任です。

反対のこともそうですね。

「営業に向いてない」と言われることもあります。

筆者にも経験があります。

 

明るく話し好きなタイプで、向いてない人なのに、営業実績を上げている人は、素晴らしいと思います。

その人は、営業に向いてない人と思われてきた地味で無口な人が、営業実績を積み上げていくよりも、はるかに苦労をしていると思います。

 

実際には、営業に向いてる人といわれ、営業職を選んだのに、営業の成績を残せずに、辞めていく人が本当に多いです。

営業に向いてる人だと思ったのに・・・実は向いてない人ということなんです。

 

 

営業に向いてる人と思ってたのに・・・、もしかして向いてないのではないか

元気ない

 

本人も自分は、人と接するのが好きだし、明るい性格で、誰とでも仲良くなれるから、営業に向いてる人だと思っていたと思います。

だから、営業職に応募してくるのだと思います。

当社にも、そういう人がこれまでに入社してきました。

でも、実際には、営業成績を残せないのです。

お客さんと上手くいきません。

筆者も最初のうちは、まさか営業に向いてない人だとは思いませんでした。

 

筆者の会社は不動産会社です。

「不動産業界だからではないのか」

業種によるのかもしれない。

そう思うことがありました。

しかし、今は、そういうタイプの人は、そのままの性格を持ったまま、お客さんに出会うと上手くいかないのだ、ということが分かるようになりました。

 

明るく外向的な人が営業に向いてない?!

もちろん、明るい性格の人でも、成績優秀な人もいます。

その人は、人知れず、ものすごく努力をしているのだと思います。

だって、素のままでは、向いてない人なのですから。

 

明るく話し好きな人なのに、営業で上手くいかない人たちには、共通する大きな注意点があります。

その共通点がクリアされないと、難しいのだと思います。

 

明るく話し好きな人は、営業に向いてる人だと思われ、いつでも成績が上がりそうな雰囲気を持って、入社してきます。

しかし、実際には上手くいかなくて契約は取れません。

成績が上がりませんので、段々と入社当時の面影もなくなります。

元気が無くなっていきます。

 

その内に、成績が上がらない原因を、自分以外のせいにして退職してしまいます。

本当は、営業に向いてない人だと気づかないで辞めてしまいます。

売れる営業マンになる徹底解明

 

 

明るく話し好きな人が、そのままでは営業に向いてない原因は

原因は

 

営業に向いてる人といわれてきた、明るく話し好きな人は、話をするのが好きです。

お客さんとの会話でも、一見すると、良い雰囲気のように見えます。

しかし、よーく聞いていいると分かります。

 

聞こえてくるのは、営業の声だけなのです。

お客さんの声が聞こえてきません。

つまり、自分だけが声を発しているのです。

結果的に、自分が話をすることが主体になり、お客さんの話をよく聞いていない傾向が有ります。

 

それが、上手くいかない理由です。

 

また、このタイプは、お客さんの「顔色の変化」や「言葉の変化のサイン」を、見逃す傾向が強いです。

会話の中の、お客さんが「発した言葉・物事」を悪気がなく、スルーしてしまう傾向が有ります。

実は、お客さんの声を聞いていないので、お客さんの心を理解していません。

これが、営業に向いてると言われてきたのに、上手くいかない大きな原因です。

本当は、向いてない人である原因は、この辺りにあります。

ヒアリング 営業
ヒアリングの強化で売れる営業に変身できる|40年の経験から解説

ポイント この記事でお伝えすることは次の通りです。 ・ヒアリングが筆者を一躍売れる営業へ変身させた ・成績が上がってない営業は「ヒアリング」を身につけよ ・ヒアリングの効果   筆者は現在6 ...

続きを見る

 

営業に向いてる人は、お客さんから選ばれる人

営業に向いてる人は、お客さんから選ばれる人

 

当然のことですが、営業に向いてる人とは、すなわちお客さんから信頼が厚いということです。

 

つまり、お客さんに信頼される人と言い換えることも出来ます。

そんな人ですから、当然営業成績も知らず知らずのうちに、高いゴールまで上がっていきます。

 

では、お客さんに信頼される人は、どんなタイプかということなんです。

様々な業界にいるトップ営業の人たちのタイプは、実は地味で控えめでおとなしい感じの人が多いことを知っているでしょうか。

仕事ぶりは、実に地味です。

しかし、彼らは、共通してお客さんに、とことん信頼されています。

 

筆者の知っている車の販売で、トップクラスの人は、非常に地味です。

お客さん宅に訪問しても、車の営業はほとんどしません。

 

車購入の決定権は、ご主人か奥さんが持っているはずです。

ですが、彼はお客さん家族全員の誕生日をメモしていて、毎年家族全員の誕生日にカードを送っています。

非常に地味です。

しかしお客さんは、車を入れ替えするときには、彼以外の営業の顔を思い浮かべることは出来ないのでしょうね。

強力な信頼関係を築いているのです。

 

結局、本当に営業に向いてる人というのは、実は、やってることは、ものすごく地味なんです。

決して、話し上手でもない。

控えめで、どちらかと言えば、内向的で、目立たないくらいの存在の人なのかも知れません。

ただ、小まめに相手(お客さん)のことを気遣える人なのです。

売れる営業マンになる徹底解明

 

 

スポンサーリンク

-営業
-, ,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.