クレジットカードの氏名変更

クレジットカードの氏名変更のタイミングと必要書類

結婚などを機に、今まで慣れ親しんだ名字が変わる人がいます。

クレジットカードも、これに合わせて氏名変更をしなければいけません。

クレジットカードの氏名変更はいつまでに行うべきか、そして何が必要か。

この記事を読めば、クレジットカードの氏名変更についてご理解いただけます。

 

 

クレジットカードの氏名変更のタイミングは?速やかに!

氏名変更

 

カードに関する大切な情報はすぐに変更手続き

クレジットカードにおける氏名は属性情報に分類される

クレジットカードの氏名変更について、何日以内に絶対変更しなければならないみたいな決まりは存在しません。

ただ、クレジットカード会社の規約には、氏名や住所、勤務先などの変更の際には速やかな手続きを求める文言が書かれています。

氏名は属性情報に分類され、これにより、本当に実在しているのか、支払い能力の有無などを確認できます。

いわば、氏名がクレジットカードを発行する際の大事な要素の1つです。

そのため、氏名変更の際には速やかな手続きが必要であり、住所や勤務先が変わる場合も同様と言えます。

一方、海外で、氏名変更されていないクレジットカードを使えば、うまく使えないことも考えられます。

確実にクレジットカードを使うためには、すぐに変更が必要です。

 

 

入籍後から氏名変更の準備を進めていく

氏名変更の理由でとても多いのが、結婚を機に名字が変わることです。

 

入籍した時点で住民票を発行してもらいますが、ここから様々な氏名変更の準備に入りましょう。

クレジットカードだけでなく、マイナンバーカードや健康保険、免許証、銀行口座など様々な名義変更が必要です。

 

クレジットカードの場合、引き落とし用の銀行口座も同じように氏名変更が欠かせません。

マイナンバーカードや健康保険から優先に氏名変更を行っていくのがおすすめです。

銀行口座の後でクレジットカードの氏名変更を行うと、よりスムーズに行えます。

 

 

クレジットカードの氏名変更|必要書類

身分証明書

 

氏名変更した身分証明書は用意しておく

 

必要書類|氏名変更前のクレジットカードもお忘れなく

クレジットカードの氏名変更の際には、

1)氏名変更前のクレジットカード

2)印鑑

3)身分証明書

は確実に必要です。

 

書類(氏名変更を申請する)をクレジットカードから郵送してもらい、

氏名変更後の情報を書き込み、印鑑を押して本人確認書類と一緒に郵送します。

 

この場合の本人確認書類は、

1)氏名変更後の住民票

2)運転免許証

が対象です。

 

銀行口座の名義を変える際にも必要なので、免許証から先に変更しておくのも手です。

新しいカードが届くまで、前のクレジットカードは一応使える状態にあります。

新しいものが届いてから、悪用されないよう裁断をして廃棄しましょう。

 

発行までに長くても2週間~1か月はかかることも

免許証の氏名変更には少なくとも1日はかかり、平日しか受け付けていないケースもあります。

クレジットカードの氏名変更をしようと思い立っても、諸々の準備に時間がかかることに。

それから申し込みを行っても、改めて審査を受けなければなりません。

承認されるまでの期間は、状況によってまちまちで、長くて1か月程度かかることも。

スムーズな場合には1週間から10日で済むケースもあります。

いずれにしても余裕をもって行動しないと、本当に必要な場面で機能しなくなり、困ることになるでしょう。

 

まとめ

 

クレジットカードの氏名変更自体は何も難しくなく、事前に銀行口座や免許証などの氏名変更をしておきましょう。

複数のクレジットカードをお持ちの方は、枚数分の手続きをしなければなりません。

そのため、一気に氏名変更を終わらせるぐらいの感覚で臨みましょう。

海外では身分証明にもなるクレジットカード。

自分の身を守ってくれるかもしれないものだからこそ、速やかな氏名変更が求められます。

 

記事はいかがでしたか?

こちらには読んでいただいた方に最も適した広告が表示されます。

<スポンサーリンク>




クレジットカードの氏名変更
最新情報をチェックしよう!