申込

クレジットカードの審査に落ちたら理由を問い合わせる?もう一度申込む?

審査に落ちた申込

・クレジットカードの審査に落ちたとしても理由は教えてくれない

・クレジットカードの審査に落ちた人の傾向はある

・クレジットカードをもう一度申し込むなら半年後が目安に

もしかすると、これを読んだ人の中には、クレジットカードの審査で落ちたという方もいるでしょう。

なんでクレジットカードの審査に落ちたのか、理解できないと怒ってる人もいるかも。

もし再チャレンジをするなら、どのタイミングで申し込むべきか、気になるところ。

 

この記事を読めば、クレジットカードの審査に落ちた後の対処がお分かりいただけます。

それでは解説してまいります。

 

 

スポンサーリンク

クレジットカードの審査に落ちたとしても理由は伝えられない

審査に落ちる

審査に落ちた理由は、審査に落ちた人の傾向から読み解くしかない

クレジットカードの審査は、各社で基準がバラバラ

クレジットカードの審査に落ちたのはなぜか、その理由は基本的に聞いても教えてくれません。

クレジットカード会社では、信用情報などをチェックして審査を行います。

過去に滞納があった、属性が審査の基準に満たさないなど理由は様々。

 

現時点で何枚もクレジットカードを持つ人も審査では大変でしょう。

これらはあくまでも審査の傾向であり、明確に落ちた理由は一生わかりません。

しかし、審査の傾向を知れば、落ちた理由がなんとなく分かるはずです。

 

 

信用情報の開示で落ちた理由がなんとなく分かるケースも

国民生活センターでは、クレジットカードの審査で落ちた、理由が知りたいという質問があります。

やはりその回答は、落ちた理由は教えてくれないというもの。

しかし、この中で信用情報の開示を求めることで、事態を把握することは可能と回答しています。

 

携帯電話の毎月の支払いで滞納があっても、それだけで傷がつく事も。

それ自体が影響を与える事実を知らない人がいるかもしれません。

信用情報機関に問い合わせ、自分自身の信用情報を問い合わせるのは有力なやり方の1つでしょう。

 

 

スポンサーリンク

クレジットカードの審査に落ちた人がもう一度申し込む目安は?

審査基準がクレジットカード会社によって異なるので、場合によっては他の会社でオーケーになる可能性があります。しかし、基本的には半年位待つ方が良い場合が多いです。

 

立て続けの申し込みは信用情報に傷がつく可能性

何事にも自信満々な人がいるかもしれません。

そんな人がクレジットカードの審査で落ちたとなれば、

そんなはずはないと強気の姿勢を崩さないかも。

 

その場合、もう1回申し込んでしまう人もいるでしょう。

審査に落ちた記録は信用情報に記載され、何度もやれば同じように記載されます。

審査に落ちた要因を取り払わない限り、結果は同じであり、

むしろ状況は厳しくなる可能性も。

再チャレンジの気持ちは大事ですが、クレジットカードでは逆効果です。

 

なぜ審査に落ちてから半年後なのか

クレジットカードの審査に落ちたのなら、

落ちてから半年後がオススメです。

 

なぜ半年か、それは申し込み情報が半年間記載されるからです。

半年間申し込みの事実が記載され続けるので、それが消えるのを待つしかありません。

もちろんその期間は、審査に落ちた要因を取り除く努力をしましょう。

満を持して再チャレンジをした時に晴れて

クレジットカードがゲットできるかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

クレジットカードの審査に落ちたからといって、すぐに再チャレンジはダメ。

まずは審査に落ちた原因を知る、そして対策を立てて、半年間待つ、これがベスト。

国民生活センターや消費者センターなどに相談するのもいいかもしれません。

いずれにしても、クレジットカードの審査に落ちた場合、改善すべき部分があるという事です

 

 

関連記事一覧

  1. クレジットカードの申し込み|審査・作り方のまとめ
  2. クレジットカードの比較と審査
  3. クレジットカードのランク|色の意味とステータス|年収条件は必須ではない
  4. クレジットカード最強のステータスならプラチナ!
  5. クレジットカードの選び方は、よく使う場所で決めよう!
  6. クレジットカードの審査に落ちたら理由を問い合わせる?もう一度申込む? ★当記事
  7. クレジットカードの審査が通らない!過去の延滞が原因かも?
タイトルとURLをコピーしました