使い方

クレジットカード失敗談|実際に経験した思い込みや失敗

クレジットカード失敗談使い方
クレジットカード失敗談

今回もユーザーの実際のクレジットカード失敗談を公開ししています。

 

思い込みであったり、使い慣れていない事から、失敗をしたり、疑いを持たれた実例を紹介しています。

同じような失敗をしないように、参考にして下さい。

 

 

クレジット会社によって請求額の反映時間は違う

私は現金をあまり持ち歩かないタイプで、日々の私生活でも大半が

クレジットカードで決済をしています。

 

理由としては、クレジットカード会社にはアプリがありますが、

そのアプリ使うことで、月の使用額の合計を見れることができ、

支出が分かるので、家計のやりくりが楽だからです。

 

私はA社のクレジットカードをずっと使っていました。

A社のアプリでは、買い物で決済した瞬間にアプリに反映されるため、

リアルタイムで月にいくら使っているかが分かります。

 

また、限度額が一律で決められているため、限度額に達するまで、

あといくらかという情報も簡単に見れるので、後日買い物の請求が

一気にくるということはありませんでした。

 

最近では、世の中がキャッシュレス還元というのもありますし、

これを機に私としてもそろそろステータスカードを持って決済を

したいと思い、クレジットカード会社をB社に変えました。

 

B社のアプリの機能もA社と同じだと思い、リアルタイムで

反映されるだろうと思っていました。

 

実はB社はアプリの決済してからの反映が遅く、さらに限度額を

一律いくらと設定されていなかったため、アプリの使用額を見て

まだ余裕があると勘違いし、気づいたらとんでもない金額になっていました。

クレジットカード会社を切り替えるときは、アプリに反映される

までの時間に注意が必要だと思いました。

 

 

初めてのクレカ使用で不正使用を疑われ大恥

クレジットカードは前々からほしいなと思っていて、就職が決まった後、

空いた時間を見つけやっと作ることができました。

 

バタバタして作成後は使う暇がなかったものの、夏には連休をもらえる

ことになり、友達とブランドショップへ行く約束をしました。

 

そのときやっとクレジットカードの出番だ!

と嬉々として持参したわけなのですが、今では一緒に受け取った書類等

をもっとよく確認しておけば良かったなって思います。

 

というのも、クレジットカードを持ってショッピングに出掛けた当日、

凄く素敵なバックを見つけてこれをカードで買っちゃおう!

と心に決めたところまでは良かったんです。

 

それでバックを持ってレジに行き「クレジットカード払いで」と

格好よくつげた途端、カードを受け取ったショップスタッフが

私をチラチラ見て、他のスタッフにも目を配りました。

 

何か変なこといったかな?とキョドキョドしていると、

スタッフにペンを渡されこちらに記名をお願いしますと言われました。

 

私はよくわかりませんでしたが、言われるままに記名しました。

そしたら皆ホッとした様子で、にこやかにクレジットカードを

受け取って支払い処理してくれました。

 

レジを離れた私に友達がこそこそ近づいてきて、どうかしたの?と

聞かれました。私が一部始終話すと、それって不正使用だと思われてたんじゃない?と。

 

友達から聞くまで裏に記名してあるのが常識だったなんて、知らなかったんです。

普通のスーパーとかならまだしも、こんな高級店で疑わしい目で

見られ凄く恥ずかしくなりました。

 

 

クレジットカードをの使い方で失敗したと感じたこと

私が、クレジットカードの使い方で失敗したと感じたのは、クレジットカードを

たまに外の支払いで使う時にいつものネット通販で使う時と同じような感覚で、

使ってしまったのが失敗だったと思いました。

 

なぜなら、ネット通販で使っていたクレジットカードは、カードのデザインが

関係ないのですが、店に実際に行って、クレジットカードを使って支払いを

する時は、カードを店員に見せないといけないからです。

 

そのため、カードのデザイン的に見られたくないカードを出して支払う事に

なってしまって、外で使うためのクレジットカードも、別にありながらそれを

持って行くのを忘れたというのがありました。

 

そこをいつものクレジットカードの感覚で、いたせいで失敗したと思いました。

特に私は、外の支払い用に別のクレジットカード持っていながら、それを持って

行かずに、ネット通販用のクレジットカードを、持って行ったのでそこは失敗でした。

 

うっかりしていたとはいえ、外で使うクレジットカードをちゃんと持って行かず、

にいつもネットで使っていたクレジットカードを持って行くという事をして

しまったことで、それ以降はいつも2枚はクレジットカードを持つようにしました。

片方は、使う事はなくても2枚は持っていることで、それで失敗したと感じなくなりました。

 

 

カードのポイントシステムでボーナスを当てにしていたら・・・

私の使っているクレジットカードはLifeカードです。

 

このカードの特徴はm普段のポイント還元率が0.5%、使用を続けてステージが上がれば

ここから増えていくという、標準的なポイント体系でありながら、誕生月になるとポイント

の還元が3倍、すなわち3%相当まで跳ね上がるという特徴があります。

 

シンプルにポイントに、還元されるシステムがわかりやすく好んで利用しています。

 

また、私の誕生日は12月。

12月といえば何かと交際費がかさむ季節です。

忘年会などの飲み会の幹事を引き受けて、支払いをこちらで一括で受け持つなどの方法で

クレジットカードを利用すれば、その分ポイント還元の恩恵を大きく受けることができるのです。

 

他のカードではなかなかない、自分が12月生まれであるがゆえの特権を、活かすことができるのが

嬉しくて、そのときは相当な金額をカードで支払っていました。

 

回収したお金を、そのまま口座に入金していくことで、本来であれば収支はゼロ、ポイント分だけ

が残るはずだったのです。

 

しかしこの時は、車をボーナス一括払いで買っていたためその時の引き落としがありました。

くわえて業績不振のためボーナスの額が普段の4割程度と寂しい結果に。

 

当てにしていた金額が入ってこなかったこともあって、一時的にですが口座から一気に預金が

出ていってしまいました。

 

タイトルとURLをコピーしました