転職 失敗 成功

スポンサーリンク

転職

転職の失敗例から学べ!|これ以上失敗しないように|会社社長が解説

2019-04-20

転職では、残念ながら、失敗することもあります。

 

何故、失敗してしまったのか

失敗の事例から、学びを得ることが出来るかも知れません。

同じように、転職の失敗しないために、今一度確認してください。

 

何故、転職に失敗してしまったのか。

筆者の4回の転職と起業、そして面接官としての採用経験から、解説します。

 

 

転職の失敗から学べ!これ以上失敗しないように

転職

 

何度目かの面接で、やっと内定をもらった

転職を希望し、何度目かの会社の転職面接で、ようやく1社からOK(内定)を貰えた。

転職面接官から、「何か質問はありませんか」、といわれた気がするが、やっと転職が決まりそうになったので、雇用に関する諸条件をよく確認していなかった事例です。

ここが失敗ポイントです。

こんな転職失敗事例が実際には、あります。

 

確かに、転職面接時間は短いです。

しかし、時間の中で、雇用の条件(休日、就業時間、給料、試用期間のことなど)を理解しておかないと、失敗することになります。

 

雇用条件は、会社独自のものです。

他の会社面接で聞いたことと、混同してしまうこともあるかもしれません。

転職入社から数ヶ月したときに、「アレッ?」とならないように、入社の前に確認して、失敗防止して下さい。

 

同じ職種だったので、出来ると思っていた

例えば、営業を過去にやってきた経験があるので、業界は違っても営業は同じだろう、と思い込んだ失敗事例。

実務の違いがあるのは、販売する商品・サービスの違い、くらいだろうと甘く考えてました。

ここが失敗ポイントです。

 

例えば、不動産業の場合であれば、新築と中古では、必要となる知識も実務もかなり違います。

共通し使える経験知識は、1〜2割しかありません。

確かに、業界が違えば、商品とサービスの違いがほとんどですが、体感的には、全くの別の仕事を覚える感じです。

 

そんなに違わないだろうという思い込みが、転職失敗の典型適時事例です。

未経験の職種に転職するくらいの気構えがないと、失敗する可能性が高いです。

 

面接の場では採用に関係すると思い、よく分からないが、「大丈夫です、出来ます」と答えた

転職面接の場は基本的に全て、前向きに答えようと考えて、向かった結果。

大して経験のないことにまで、大丈夫です、出来ますと答えてしまった、失敗事例です。

この次のステップで、二手(失敗と成功)に分かれます。

 

出来ます、と答えたのに、その後調査や準備をしないまま、転職入社してしまう人。

ここが失敗ポイントです。

採用した会社は、出来ると聞いているから、仕事を任せます。

しかし、出来ません。

 

もう一つは、なんだか分からないが、採用される為に、出来ますと答えてしまったことを大変だと考える人。

慌てて、その事を調べ勉強を少しでもしていく人。

この人の場合、失敗ポイントにならず、グンと成長するポイントに転換する可能性有りです。

コレをきっかけに転職成功へと、進んでいきます。

 

前職の不満・不安は今回の転職で解決しそうだ。しかし、別の不満・不安が

コレもよくある失敗ポイントです。

 

転職サイトのデータをよく見れば、分かると思います。

転職希望の登録者の数と、中途採用の転職募集の会社の数です。

 

どちらの数も、かなり膨大な風です。

つまり、どの会社にも必ず何らかの退職していく理由があるということです。

ですから、<A>という問題は、今回の転職で良くなった。

しかし前の会社ではあまり大きくなかった<B>という問題がある会社だと気づくのです。

 

裏返すと、問題が一つもない会社はない、ということに気づいていなかった。

ここが失敗ポイントです。

 

 

ブラックと言われる企業を辞めて、ホワイト企業に入ったが、やりがいを感じない

いわゆる営業系のブラックと言われる会社で、成績を上げた分の給料は増えるが、休みも少ないし、残業もあるし、売れない時の上司はパワハラするし。

それで、転職探しで、運良くホワイト企業に転職できたと喜んだ。

 

しかし・・・休みはあるし、残業はない、給料は高くは無いが、そこそこ。

ここで、やりがいがないという思いが生まれる人がいます。

また仕事の内容が単調で、このまま会社にいて、スキルアップしていけるのか、という不安も生まれる・

 

結果、やりがいを求めて、また転職。

こういう失敗例もあります。

人間には、多少のストレスが必要です。

それが成長への原動力となり、達成したときのやりがいになっていきます。

 

 

まとめ

転職の失敗について、5つの事例から解説しました。

 

それぞれの失敗事例に、学びのヒントがあります。

実際に、自分自身が転職を考える時点では、転職の失敗へと繋がっていかないように、上記の失敗事例を役立てて下さい。

 

徹底解明|転職の失敗について|会社社長が解説

スポンサーリンク

-転職
-,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.