使い方

クレジットカードの捨て方・処分方法、それで安全ですか?

スポンサーリンク
クレジットカードの捨て方使い方
クレジットカードの捨て方

・正しい捨て方をしないと、勝手に使われてしまう

クレジットカード捨て方はバラバラか別々か

・シュレッダーにかけるのが一番安全

クレジットカードを使わなくなったときに、もう使わないので捨ててしまうという人もいます。

捨て方には方法があり、そのままゴミ箱にポイみたいな捨て方では危険すぎます。

あなたの捨て方、本当に安全ですか?

当記事では、クレジットカードの正しい捨て方について解説しています。

 

 

スポンサーリンク

クレジットカードの正しい捨て方・処分方法を知らないと面倒なことに

クレジットカードの正しい捨て方を知らないと面倒なことに

 

クレジットカードを、何もせず、そのままゴミ箱に入れるのは、とてもリスキーです。

 

そのままの捨て方・処分方法では不正利用に使われる可能性大

どうせすぐに収集車がやってくるからいいやと、クレジットカードをそのままゴミ袋にポイとする捨て方をしてしまった方は、いませんか?

誰がどこで見ているか分からず、半透明の袋からクレジットカードが見えたら、不正利用してくださいと言っているようなモノです。

捨て方を知らないと、万が一不正利用されると、カードの不正利用被害者になってしまうかもしれません。

場合によっては、弁償してくれないコトもあり得るのです。

そうなっては最悪なので、クレジットカードは絶対にそのままの形での捨て方はしないようにしましょう。

 

 

クレジットカードに眠る個人情報の数々

不正利用されなきゃいいや、そんな感じでクレジットカードの捨て方を考えているかもしれません。

しかし、クレジットカードには、たくさんの個人情報が眠っています。

 

表面だけを見れば、名前や署名、有効期限などが簡単に分かります。

盲点なのは、クレジットカードを更新した際、カード番号は変わらないという問題。

 

有効期限も見ればすぐにわかりますから、悪用されやすいというわけです。

近年は、ハンコではなくサインで済むような形にする流れなので、署名がわかるというのも地味に危ないでしょう。

 

 

スポンサーリンク

クレジットカードの捨て方・処分方法

クレジットカードの捨て方はバラバラか別々かの2択

 

再現できないようにするのが重要であり、良い捨て方・処分方法です。

クレジットカードの処分方法で完全なのは燃やすこと

完全な処分方法となれば、燃やすことです。

しかし、実際に燃やすとなると、炎・臭い・煙が、でてしまいますので、現実的ではありません。

以前のカードでは、「カードにハサミを入れてから捨ててください」とアナウンスされていましたが、現在のクレジットカードは、磁気テープタイプとicチップタイプが混在していますので、鋏を入れるだけでは、不十分なのです。

 

捨て方・処分方法は、ハサミを入れるだけでは不十分

前述したとおり、ハサミを入れることで、安全と認識されていた時代がありますが、今ではそれだけでは、不十分と考えられます。

ハサミを入れて切るのなら、徹底的に細かく切らないと、捨て方としては、不十分なのです。

磁気テープタイプのクレジットカードの場合、セロテープなどで、復元されてしまうリスクがあるからです。

ハサミを入れるのなら、徹底的にやらないと、リスクが残ります。

磁気テープ部分と番号の部分は、要注意です。

その点、シュレッダーならば、捨て方としては、かなりリスクが回避できます。

念を入れるなら、クレジットカードを刻んだものを2〜3分割して、別のゴミの日に、捨てることです。

 

捨て方・処分方法の注意点は、まだあります

最近クレジットカードが、磁気テープタイプから、icチップタイプに移行しています。

icチップには、磁気テープよりもはるかに多い情報が含まれています。

 

ハサミを入れたが、icチップ部分は、そのままだった、なんて事になると、icチップの情報が悪用されるリスクは防げません。

ハサミで切るのでも、シュレッダーにかける場合でも、icチップもきちんと切れているかどうかを、確認してください。

icチップからの情報悪用には、かなりのスキルが必要になりますが、そもそも悪用する側の人物は素人ではありませんので、後悔しないためには、念を入れておくべきです。

 

スポンサーリンク

まとめ

期限切れのクレジットカードも、プロにかかれば一通りの情報は知れることが出来ます

不正利用のほとんどは、クレジットカード番号を盗んだことで可能になったケースばかり。

有効期限が切れてるから、もう使えないから大丈夫と思っていると、落とし穴にハマってしまうかも。

 

捨てるのであれば、個人情報が判別されない程度に切り刻むのがいいでしょう。

以前だと、クレジットカードに火をつける方もいましたが、一気に火がついて燃えないようにしたいところです。

誰がゴミをあさるか分からない以上、下手なものは簡単に捨てないコト。

その代表的な存在がクレジットカードであり、捨て方は絶対気をつけないといけません。

 

 

関連記事一覧

  1. クレジットカードの使い方と支払い方|まとめ
  2. クレジットカードは管理をキチンとしないと後悔することに
  3. クレジットカードのカード番号を悪用されないために、番号の変更は必要?
  4. クレジットカードのCVC番号とは何か?
  5. クレジットカードの利用明細はWebで見れば十分?
  6. クレジットカードの請求書は領収書の代わりにならないし再発行可能
  7. クレジットカードのアプリで使いやすいのは?安全?家計簿機能って?
  8. クレジットカードの磁気不良はなぜ起きる?再発行なしで復活は可能?
  9. クレジットカードを整理し解約する際の基準とは?
  10. クレジットカードの捨て方・処分方法、それで安全ですか?(当記事)
  11. クレジットカードが無効になる!?その原因と対処方法について
タイトルとURLをコピーしました