使い方

クレジットカードが使えない理由は?対処法は?

スポンサーリンク
クレジットカード 利用停止使い方

クレジットカードを用いる際に、できれば避けたいのはクレジットカードの使えないという場面です。

何か問題が起きないと、クレジットカードが使えないなんてコトは、おきません。

ただ、クレジットカードが使えないという状態は、場面によって様々な理由が考えられます。

では、どんなコトが起きるとクレジットカードは、使えない事になるのか。

どうすればいいんだ!と頭を抱える前に知っておきたいですね。

この記事では、「クレジットカードが使えない時の理由と対処」について解説します。

 

スポンサーリンク

クレジットカードが使えない様々な場面

クレジットカード 滞納 (1)

クレジットカードが使えないという状況は、様々な場面で発生する可能性があります。

1)実際のお店での支払いで使えない場合

2)オンラインショップで使えない場合

3)カード会社が不正利用の疑いを検知し、使えないという場合

それぞれの場面で、使えないという状況になった場合、当然対処方法も異なります。

実際のお店でクレジットカードが使えない

実際のお店の会計の場面で、クレジットカードが使えない、なんてことが起きると、本当に青ざめてしまいます。

考えられる理由は、以下のとおりです。

 

実際のお店でクレジットカードが使えない場合|使いすぎが原因?

利用可能額オーバーで、カードが使えないというケースは珍しいわけではありません。

利用枠を知っているはずなのに、オーバーしてしまうことがあります。

 

その理由として考えられるのは、引き落としが終わっていない支払いが関係しています。

引き落としがされていない支払いはまだ利用枠を使っている状態です。

あるいは、前回の請求時に記載されていた利用残高だけを記憶していて、実際には、その後に買い物をした金額を忘れている場合です。

それを忘れてクレジットカードを使ってしまってオーバーしてしまい、使えないという状態になったのかもしれません。

引き落としまで結構時間があるものなので、常に利用枠の計算は重要でしょう。

 

実際のお店でクレジットカードが使えない場合|有効期限が切れてた

有効期限が切れる1ヶ月ほど前に、新しく更新されたクレジットカードが届きます。

それなのに、うっかり交換し忘れて、お店に来てしまい、クレジットカードを提示すると、使えないという事になります。

クレジットカード会社からの郵送物は、必ず内容確認をしておかないと、ひどい目に遭ってしまいます。

また、もしも有効期限が更新されたカードが届いていないのだとすると、考えられるのは、住所変更を忘れている可能性と何らかの理由でカード会社が更新をしなかった可能性です。

 

実際のお店でクレジットカードが使えない場合|支払い延滞の可能性

クレジットカードが使えない!それは突然やってくる…

しかも、翌日にはもう利用停止に追い込まれるケースもあり得ます。

そんな殺生な!なんて言いたくなる気持ちもわからないではありません。

支払い延滞時には、カード会社によって、電話連絡がある場合もあります。

しかし、何かのタイミングで、電話に出られずに、忘れて放置なんて事になると、そのまま停止される可能性もあります。

このあたりの判断はカード会社次第ですが、翌日には停止されるぐらいの危機感が必要です。

滞納した状態ですから、早めの行動をしないと信用情報に記録されるハメに。

 

そうなっちゃうと、情報が消えるまでにそれなりの時間を要します。

すぐに支払いを終えるぐらいの行動が必要です。

何事も先手を打つぐらいがオススメです。

 

実際のお店でクレジットカードが使えない場合|カード自体の異常なら再発行

カード自体の異常で多いのは、磁気テープ部分が不良になっている場合です。

磁力の強い物に、接していて、情報が読み取れなくなっている可能性があります。

icチップタイプのカードなら、チップ部分に汚れや傷があるのかもしれません。

カード会社に連絡をして、対処を相談するしかありません。

実際の対処方法は、再発行という方法になります。

また、端末機の異常というケースも、あり得ます。

 

 

オンラインショップでクレジットカードが使えない|海外サイト

意外とある事なのですが、オンラインショップで、カードの決済のために、情報を入力した後に、使えないというケースがあります。

 

ほとんどの場合が、入力ミスが使えない原因です。

カード番号、cvc番号(セキュリティコード)、有効期限、などゆっくり確実に入力する事です。

また、使うパソコンによる場合がありますが、全角入力で半角に変換する英数文字と無変換の英数半角文字の違いによって、認識されない場合もあります。

 

さらに、分割払いのケースで考えられるのは、クレジットカード会社によって、指定の分割回数がある場合です。

その場合、入力を受付した後に、使えないという表示になる場合があります。

 

海外サイトで使えないというケースもあります。

自分の入力にミスがないことが明白なら、オンラインショップが対応していないクレジットカードである可能性があります。

VISAやマスターなどの国際ブランドでなければ、対応されない可能性が高いです。

 

カード会社の判断で使えない場合

カード会社が利用状況に不正利用の検知をした場合、使えないという状態になることがあります。

これまでの利用状況とは異なる高額の買い物があった場合にも、使えないという状態になる場合があります。

同じ店で、一日に何度も利用があったり、海外での利用履歴がないのに、利用されたりした場合も同様です。

 

スポンサーリンク

クレジットカードが使えない時にはカード会社に連絡を

クレジットカード 滞納 (2)

自分側に使えない原因がある場合も、そうでない場合も、とにかく連絡をした方が良いです。

自分側には問題がないと記憶していても、うっかり記憶違いというケースもあります。

また、早めに対応することで、穏便な解決策が出されるコトもあります。

 

クレジットカード使えない!後日完全に停止されてしまう

クレジットカードが支払いの問題で停止される場合も連絡はすぐに入れましょう。

 

放置すれば督促状が届き、無視すれば強制解約までエスカレート。

それどころか、未払い金や損害金まで請求されかねません。

新しく作るコトすらできない、これだけは避けましょう。

 

停止されてからすぐにクレジットカード会社に連絡を入れれば、何らかの対応策が示されます。

支払う意思を見せれば、停止を回避できる可能性も出てきます。

不正使用に伴う停止も同じで、すぐに連絡を入れないと保証してくれない可能性も。

どんな場合であれ、クレジットカードが停止となれば大至急連絡を入れる、これが鉄則です。

 

クレジットカードが使えない時の対応はカード会社次第

これだけのことをしてクレジットカードが使えるようになるのは意外と先。

 

滞納なら支払いの翌日には解除される場合もあります。

ただ数日かかったり、1か月近くかかったりしても不思議ではありません。

連絡をすぐに入れなければ停止の解除が進みません。

停止状態が改善されない場合も、速やかにクレジットカード会社に連絡を。

面倒に思うかもしれませんが、全然使えないよりかはマシでしょう。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

一番の対策は、支払いをしっかりと済ませつつ、普段から使うコト。

不正使用などはカード会社から連絡が入ることもあるのですぐに停止しましょう。

何らかの理由で停止させたい場合も本人でなければ無理です。

 

それくらい停止させることは重大なコト、早めに連絡を入れなければなりません。

クレジットカードが停止されてあたふたする前にやるべきことは済ませましょう。

ホッと一安心したいなら、早めの連絡を入れて対策を練る、これが肝心要の一手です。

 

 

関連記事一覧

  1. クレジットカードの使い方と支払い方|まとめ
  2. クレジットカードの返済が払えない!カードのルールを知っておかないと
  3. クレジットカードの限度額いくら?
  4. クレジットカードが使えない理由は?対処法は?(当記事)
  5. クレジットカードの上限を知らなかった実例
  6. クレジットカードで残高不足の失敗体験
  7. クレジットカードの延滞で考えられる悪影響とは?
タイトルとURLをコピーしました