使い方

クレジットカードが停止されてしまう理由は?

クレジットカード 利用停止使い方
クレジットカード 利用停止

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

・滞納の翌日に停止になるコトも

・利用可能額のオーバーは引き落としのタイミング次第

・とにかく停止されたらカード会社に連絡を

 

 

クレジットカードを用いる際に、できれば避けたいのはクレジットカードの停止。

何か問題が起きないと、クレジットカードがストップなんてコトはありません。

では、どんなコトが起きるとクレジットカードは残念なコトに停止するのか。

どうすればいいんだ!と頭を抱える前に知っておきたいトコロ。

 

この記事を読めば、クレジットカードが停止された際にどう対処すればいいかが分かります。
は解説してまいります。

 

 

クレジットカードが利用停止する理由は滞納や利用可能額のオーバー

クレジットカード 滞納 (1)

 

素早い行動をとらないと信用情報に記録されるコトも

 

それは突然やってくる…

クレジットカードの決済ができないということで停止になることが。

 

しかも、翌日にはもう利用停止に追い込まれるケースも。

そんな殺生な!なんて言いたくなる気持ちもわからないではありません。

このあたりの判断はカード会社次第ですが、翌日には停止されるぐらいの危機感が必要。

滞納した状態ですから、早めの行動をしないと信用情報に記録されるハメに。

 

そうなっちゃうと、情報が消えるまでにそれなりの時間を要します。

すぐに支払いを終えるぐらいの行動が必要です。

何事も先手を打つぐらいがオススメです。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/credit-entai/ target=]

 

利用可能額のオーバーは勘違いしやすい

利用可能額のオーバーで停止されるケースは珍しいわけではありません。

利用枠を知っているのにオーバーする、こんなケースも。

 

その理由として、引き落としが終わっていないモノが関係しています。

引き落としがされていないモノはまだ利用枠を使っている状態。

それを忘れてクレジットカードを使ってしまうと停止されることが。

引き落としまで結構時間があるものなので、常に利用枠の計算は重要でしょう。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/sippai-jougengaku/ target=]

 

 

クレジットカードの利用停止のタイミングでとにかく連絡を

クレジットカード 滞納 (2)

 

早めの対応で穏便な解決策が出されるコトも

 

エスカレートすら完全に停止されてしまう

クレジットカードが支払いの問題で停止される場合も連絡はすぐに入れましょう。

 

放置すれば督促状が届き、無視すれば強制解約までエスカレート。

それどころか、未払い金や損害金まで請求されかねません。

新しく作るコトすらできない、これだけは避けましょう。

 

停止されてからすぐにクレジットカード会社に連絡を入れれば、何らかの対応策が示されます。

支払う意思を見せれば、停止を回避できる可能性も出てきます。

不正使用に伴う停止も同じで、すぐに連絡を入れないと保証してくれない可能性も。

どんな場合であれ、クレジットカードが停止となれば大至急連絡を入れる、これが鉄則です。

 

解除はクレジットカード会社次第

これだけのことをしてクレジットカードが使えるようになるのは意外と先。

 

滞納なら支払いの翌日には解除される場合もあります。

ただ数日かかったり、1か月近くかかったりしても不思議ではありません。

連絡をすぐに入れなければ停止の解除が進みません。

停止状態が改善されない場合も、速やかにクレジットカード会社に連絡を。

面倒に思うかもしれませんが、全然使えないよりかはマシでしょう。

 

 

まとめ

 

一番の対策は、支払いをしっかりと済ませつつ、普段から使うコト。

不正使用などはカード会社から連絡が入ることもあるのですぐに停止しましょう。

何らかの理由で停止させたい場合も本人でなければ無理です。

 

それくらい停止させることは重大なコト、早めに連絡を入れなければなりません。

クレジットカードが停止されてあたふたする前にやるべきことは済ませましょう。

ホッと一安心したいなら、早めの連絡を入れて対策を練る、これが肝心要の一手です。

 

タイトルとURLをコピーしました