現役の不動産会社社長が、転職・仕事・営業・起業について自分自身の経験から解説しています。

過去40年の記憶から

ベンチャーへの転職

スポンサーリンク

転職

ベンチャーへの転職。メリットとデメリットとは?

投稿日:

大企業とベンチャー企業では、働く環境が異なります。

その違いから、転職してよかったと思う人がいる一方で、転職しなきゃよかった…と感じている人がいるのも事実です。

そこで、ベンチャー企業への転職のメリット、デメリットを知ることで、後悔しない転職をすることできます。

 

ポイント

この記事でお伝えすることは次の通りです。

・ベンチャー企業へ転職するメリットについて

・具体的には、責任のある仕事ができる点、短期間で成長できる点など

・ベンチャー企業へ転職するデメリットについて

・具体的には、競争で疲れてしまう点、組織としてまとまりがない点など

 

この記事を読んでくだされば、ベンチャー企業へ転職する際のメリットとデメリットが理解できます。
では、解説してまいります。

 

 

ベンチャーへの転職。メリットとは?

ベンチャーへの転職。メリットとは?

 

ベンチャー企業へ転職するメリットとは

仕事のスキルを早く高めたい!自分自身の市場価値を高めたい!と考えている方は、ベンチャー企業への転職は向いているかもしれません。

 

なぜなら、柔軟な発想をもった若い社員が多く在籍し、そこで成果を出せば評価してもらえる環境があるからです。

多くのベンチャー企業はこうした特色をもっています。

そのため大企業で単純なルーティンワークを日々を過ごすのではなく、

もっとチャレンジしたい人には、うってつけの環境です。

 

ベンチャー企業へ転職する具体的なメリットとは

ベンチャー企業では、20〜30代の人が多く在籍しています。

そのため、チャレンジ精神をもち、柔軟性を持っている社員が多くいます。

 

また、ベンチャーでは、社員数が少なく人的資源が限られています。

そこで、入社してすぐにプロジェクトや責任のある仕事を任されることも多いでしょう。

 

ベンチャー企業の環境を活かし、仕事の成果が出せたとします。

そうすると年齢にかかわらず役職についたりすることも珍しくありません

 

このようにチャレンジマインドと能力があれば、比較的短期間で自分の市場価値を高めることも可能です。

また、IT企業関連のベンチャー業界では、社員間の連絡ツールも整備されています。

このおかげで無駄な打合せや会議が少ないため、効率的な仕事が可能です。

 

効率的に仕事を行うことで、残業時間が少ないベンチャー企業もあります。

フレックスタイムを取り入れ、出勤時間を選択できるところもあるでしょう。

さらには在宅勤務の仕組みを取り入れている企業もあります。

こうして自分の生活スタイルよって柔軟な働き方ができる点もメリットの一つかもしれません。

12view
営業を辞めたい|辞める辞めないもアリ|転職5回の不動産会社社長が解説

営業を辞めたいって、筆者も何度思ったことでしょう。 確かに、売れてる時は楽しいけど、数字が落ち込むと気分も下がる。 2ヶ月も低迷すると、この先「あの売れてた時の楽しい気分なんてもう2度とやってこないん ...

続きを見る

 

 

ベンチャーへの転職。デメリットとは?

ベンチャーへの転職。デメリット

 

ベンチャー企業へ転職するデメリットとは

落ち着いた環境で仕事がしたいと思っている方は、ベンチャーへの転職はあまり向いていないかもしれません。

 

なぜなら、仕事の成果を求めて、チャレンジ精神をもった優秀な人材が集まっているのがベンチャー企業だからです。

新規事業を次々に行っているので面白そうという理由で転職してしまうと、激しい競争で疲れてしまうかもしれません。

 

ベンチャー企業へ転職する具体的なデメリットとは

ベンチャー企業には、若くて優秀な人間が集まり、日々チャレンジし続けています。

もともと大企業で指示された仕事や、担当の業務のみをこなしていた方が、ベンチャー企業に転職するとそのギャップに耐えられなくなる可能性があります。

 

例えば、柔軟な発想といえば聞こえはいいかもしれませんが、組織としてまとまりがないのかもしれません。

まとまりがなければ、組織のマネジメントに支障が生じて混乱している場合もあるでしょう。

 

また、裁量がある点も裏を返せば、どこまでも自分が業務も遂行することを意味します。

業務範囲が広ければそれだけ責任が重くなります。

こうしたベンチャー企業ならではのデメリットも予め把握したうえで、転職を決断することをお勧めします。

36view
転職回数 多い
転職回数が多いのは不利なのか|キャリアアップとしてみてくれるのか

筆者も42歳までに4回の転職をした経験があります。 52歳で5回目の転職=起業をし、現在起業から9年目の会社社長です。 その経験をもとに解説いたします。   いろいろな理由で退職をして人生を ...

続きを見る

 

 

まとめ

ベンチャー企業への転職のメリットとデメリットについて理解していただけたでしょうか。

大企業とベンチャー企業では、働く環境が異なります。

その違いから、転職してよかったと思う人がいる一方で、転職しなきゃよかった…と感じている人がいるのも事実です。

そこで、ベンチャー企業への転職のメリット、デメリットを予め知り、後悔しない転職を。

 

 

転職出戻りには覚悟が必要|会社社長が解説

転職

2019/9/15

転職出戻りには覚悟が必要|会社社長が解説

転職をしてみて、前の職場に未練を感じる人は少なくないようだ。 そんな時に、偶然、前の職場の人にあったりすることがある。 現在の会社に、不満や物足りなさを感じている時だと、前職への出戻りの気持ちが高まりますね。   ポイント この記事でお伝えすることは次の通りです。 ・覚悟を決めて出戻りすればいい ・不満や不安、あるいは物足りなさがなくなることは無い   筆者は思います。 誰のための人生なのか。 転職した後の出戻りをすればいい、と思います。 この記事を読んでいけだけますと、「転職出戻りし ...

ReadMore

転職時に自己分析しても意味がない|会社社長が解説

転職

2019/9/14

転職時に自己分析しても意味がない|会社社長が解説

転職時に、自己分析する人は多いと思います。 ・自分がどんな仕事に向いているのか、分からないから、自己分析すれば・・・ ・面接まで進んだ時のために、自己分析をして、自分の強み・弱みを知っておいたほうがいいのでは・・・   どんな仕事を選んだらいいのか、どんな仕事が向いているのか、分からないから、などと思う気持ちはわかります。 しかし、自己分析しても、転職の役には立ちません。 何故なら、人間は感情で動くようにできているからです。 自己分析で、「〜〜〜の仕事が向いている」と診断が出てきも、それが関心や ...

ReadMore

異業種への転職は「35歳まで」は、正しい|会社社長が解説

転職

2019/9/13

異業種への転職は「35歳まで」は、正しい|会社社長が解説

転職考え中のあなたへ。 同業他社が希望ですか?それとも異業種への転職を検討ですか? かなり以前から言われていることに、こんな質問があります。 「異業種への転職の場合、早い方がいいのか」 「異業種転職するなら35才までなのか」 筆者も30才手前で異業種へ転職した経験があるので、その気持ちはよくわかります。 また、こんな質問もあります。 「異業種転職に、興味があるが、なかなか踏み出せない。大丈夫なんだろうか。」   ポイント この記事でお伝えすることは次の通りです。 ・異業種への転職をするのなら、早 ...

ReadMore

転職するならホワイト|でも将来大丈夫か?2つの不安

転職

2019/9/13

転職するならホワイト|でも将来大丈夫か?2つの不安

転職するならホワイトがいい、という人多いのでしょう。 福利厚生が充実してて、残業はなく、休日もきちんと取れる。 しかし、ブラックからホワイトに就職できたのに、不安を抱えている人たちがいます。 このままでいいのか、自分ということ。 ホワイトの環境に耐えられずに、転職をする方もいます。   ポイント この記事でお伝えすることが次の通りです。 ・ホワイトなのはいいが、将来何のスキルも身につかないかも ・やりがい求めて、頑張ろうとすると、陰口たたかれ、何だか会社にいづらい   この記事を読んで ...

ReadMore

30代女性の転職。成功のポイントとは?

転職

2019/9/13

30代女性の転職。成功のポイントとは?

30代の女性は、結婚や育児と仕事の両立のため、転職を考える時期でもあります。 そこで、30代女性の転職を成功させるためには、どういった点に気を付ければいいのでしょうか。   ポイント この記事でお伝えすることは次の通りです。 ・成功のポイント1:転職で実現したい事を明確にすること ・成功のポイント2:正確な情報収集を行うこと ・成功のポイント3:アピールポイントを伝えること   この記事を読んでくだされば、30代女性が転職を成功させるための3つのポイントが理解できます。 では、解説して ...

ReadMore

スポンサーリンク

-転職
-,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.