現役の不動産会社社長が、転職・仕事・営業・起業について自分自身の経験から解説しています。

過去40年の記憶から

外資系企業へ転職。押さえておくべき外資系企業と日系企業の違い。 

スポンサーリンク

転職

外資系企業へ転職。押さえておくべき外資系企業と日系企業の違い。 

投稿日:

外資系企業は、日系企業と比べ働く環境が大きく異なります。

そのため、転職後その違いに戸惑うことも多いようです。

転職後に後悔しないためにも、転職前にその違いを知っておくことが重要になります。

 

ポイント

この記事でお伝えすることは次の通りです。

外資系企業は、転職後、すぐに成果を求められる傾向があります。

・日系企業は、成果を出せるように、ある程度時間をかけて教育を行う傾向があります。

・仕事の考え方について、外資系企業は成果主義を取っています。

・他方で日系企業は、年功序列主義を取っているという違いがあります。

・残業を含めた労働時間への考え方が、外資系企業と日系企業では異なります。

 

この記事を読んでくだされば、外資と日系との違いが理解できます。

この違いを、外資する際の判断基準のヒントとして活用してください。

では、解説してまいります。

 

 

外資系企業への転職。押さえておくべき外資系企業と日系企業の3つの違い。

外資系企業への転職。押さえておくべき外資系企業と日系企業の3つの違い。

違いその1 即戦力社員と育成社員

転職で中途採用する社員について、外資系企業では即戦力をとる傾向があります。

 

他方、日系企業は、ある程度伸びしろを見つつ、採用を判断する傾向があるようです。

そのため外資系企業は、転職時点で高額な給与を提示してくることが多くあります。

それは、経験やスキルを踏まえ、即戦力の人材と考えているからです。

 

転職後はすぐに成果を求められるため、その要求にこたえる必要があります。

極端かもしれませんが、転職後成果が出せない場合は、辞めざるを得ない場合もあります。

この点、大手の日系企業で仕事をしてきた方の転職は、注意が必要です。

 

縦割りの組織で限られた業務をこなす環境とは、大きく異なるためです。

他方、日系企業の場合は、転職して採用後、研修を行うことが多いです。

また、研修後もフォロー制度があり、先輩が業務を通じて指導してくれる機会もあります。

このように、外資系企業と日系企業では、採用直後から大きな違いが存在しています。

0view
第二新卒の転職。成功の3つのポイントとは
第二新卒の転職。成功の3つのポイントとは

第二新卒とは、一般的には「学卒後3年以内の方」を指します。 第二新卒の転職活動は、「短期で会社を辞めてしまった」と評価を受けることがあります。 そのため、第二新卒の転職は厳しいという意見も多く、決断す ...

続きを見る

 

 

違いその2 成果主義と年功序列主義

外資系企業は、仕事の成果をはっきり求められます。

 

個人として目標設定がなされることが多く、その点が評価対象となります。

他方、日系企業は、最近、成果主義を取り入れている企業も多く出てきました。

しかし、成果主義とは言え、年功序列の要素も多く残っています。

 

成果を出していなくとも、在籍期間がながければ役職が付く日系企業が多いのも実情です。

また、成果主義といいつつも、そのプロセスを評価対象としている場合があります。

このように外資は成果主義、他方、日系は年功序列という違いが根底にあります。

外資への転職の際は、その点を忘れないようにしましょう。

3view
ベンチャーへの転職
ベンチャーへの転職。メリットとデメリットとは?

大企業とベンチャー企業では、働く環境が異なります。 その違いから、転職してよかったと思う人がいる一方で、転職しなきゃよかった…と感じている人がいるのも事実です。 そこで、ベンチャー企業への転職のメリッ ...

続きを見る

 

 

違いその3 労働時間について

外資系企業は組織に属するという意識がありません

 

そこで、仕事の成果物が出せれば会社に残る理由がないため、残業はしません

残業は、時間内に成果が出せないから行うという認識です。

 

そして、仕事の成果を出したうえで、プライベートを大切にします。

ただ、要求された成果が出せない場合は、出せるまで残業をします。

成果を達成することが重要である点は、外資に転職するにあたり肝に銘じておきましょう。

 

他方、日系企業は、仕事はみんなでするものと考える傾向があります。

そのため、自分の仕事が終わっても、一人だけ先に帰ることをためらいます。

また、残業はするべきと考えている企業や、上司がいることも事実です。

このように組織的に残業が蔓延する傾向があります。

 

残業時間がかさみ、人件費の負担が増えることもしばしばです。

そのため、プライベートの時間もないがしろにされがちです。

転職の際注意すべきは、外資系企業だから労働時間が少ないと勘違いすることです。

外資系企業は、あくまで効率的なパフォーマンスが求められているのです。

要求されるパフォーマンスが出せない場合は、外資でも労働時間が多くなります。

この点を十分理解したうえで外資への転職を考えましょう。

7view
スキルアップを転職理由にすると採用されないかも|現役社長が解説

・スキルアップを転職の理由にすると採用されないかも ・本当の転職理由はスキルアップではない 筆者は、時々社員の入社面接に立ち会います。 時々この言葉が出てきます。 「転職の理由はなんですか?」 「スキ ...

続きを見る

 

 

まとめ

外資系企業と日系企業の違いについて理解していただけたでしょうか。

 

まず、転職後、すぐに成果を求められる傾向があるかどうか。

次に、仕事の考え方について、成果主義を取っているかどうか。

 

さらに、残業を含めた労働時間への考え方が、異なる点です。

外資系業への転職は、日系企業と労働環境が異なるため、決断するのに悩むところです。

外資系企業へ転職するかどうかの決断に際して、この3つの違いをヒントにして頂き、成功をつかみ取ってください。

 

 

転職出戻りには覚悟が必要|会社社長が解説

転職

2019/9/15

転職出戻りには覚悟が必要|会社社長が解説

転職をしてみて、前の職場に未練を感じる人は少なくないようだ。 そんな時に、偶然、前の職場の人にあったりすることがある。 現在の会社に、不満や物足りなさを感じている時だと、前職への出戻りの気持ちが高まりますね。   ポイント この記事でお伝えすることは次の通りです。 ・覚悟を決めて出戻りすればいい ・不満や不安、あるいは物足りなさがなくなることは無い   筆者は思います。 誰のための人生なのか。 転職した後の出戻りをすればいい、と思います。 この記事を読んでいけだけますと、「転職出戻りし ...

ReadMore

転職時に自己分析しても意味がない|会社社長が解説

転職

2019/9/14

転職時に自己分析しても意味がない|会社社長が解説

転職時に、自己分析する人は多いと思います。 ・自分がどんな仕事に向いているのか、分からないから、自己分析すれば・・・ ・面接まで進んだ時のために、自己分析をして、自分の強み・弱みを知っておいたほうがいいのでは・・・   どんな仕事を選んだらいいのか、どんな仕事が向いているのか、分からないから、などと思う気持ちはわかります。 しかし、自己分析しても、転職の役には立ちません。 何故なら、人間は感情で動くようにできているからです。 自己分析で、「〜〜〜の仕事が向いている」と診断が出てきも、それが関心や ...

ReadMore

異業種への転職は「35歳まで」は、正しい|会社社長が解説

転職

2019/9/13

異業種への転職は「35歳まで」は、正しい|会社社長が解説

転職考え中のあなたへ。 同業他社が希望ですか?それとも異業種への転職を検討ですか? かなり以前から言われていることに、こんな質問があります。 「異業種への転職の場合、早い方がいいのか」 「異業種転職するなら35才までなのか」 筆者も30才手前で異業種へ転職した経験があるので、その気持ちはよくわかります。 また、こんな質問もあります。 「異業種転職に、興味があるが、なかなか踏み出せない。大丈夫なんだろうか。」   ポイント この記事でお伝えすることは次の通りです。 ・異業種への転職をするのなら、早 ...

ReadMore

転職するならホワイト|でも将来大丈夫か?2つの不安

転職

2019/9/13

転職するならホワイト|でも将来大丈夫か?2つの不安

転職するならホワイトがいい、という人多いのでしょう。 福利厚生が充実してて、残業はなく、休日もきちんと取れる。 しかし、ブラックからホワイトに就職できたのに、不安を抱えている人たちがいます。 このままでいいのか、自分ということ。 ホワイトの環境に耐えられずに、転職をする方もいます。   ポイント この記事でお伝えすることが次の通りです。 ・ホワイトなのはいいが、将来何のスキルも身につかないかも ・やりがい求めて、頑張ろうとすると、陰口たたかれ、何だか会社にいづらい   この記事を読んで ...

ReadMore

30代女性の転職。成功のポイントとは?

転職

2019/9/13

30代女性の転職。成功のポイントとは?

30代の女性は、結婚や育児と仕事の両立のため、転職を考える時期でもあります。 そこで、30代女性の転職を成功させるためには、どういった点に気を付ければいいのでしょうか。   ポイント この記事でお伝えすることは次の通りです。 ・成功のポイント1:転職で実現したい事を明確にすること ・成功のポイント2:正確な情報収集を行うこと ・成功のポイント3:アピールポイントを伝えること   この記事を読んでくだされば、30代女性が転職を成功させるための3つのポイントが理解できます。 では、解説して ...

ReadMore

スポンサーリンク

-転職
-,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.