転職のきっかけ

スポンサーリンク

転職

転職のきっかけは何?ハラスメント?残業?年収?人間関係?やりがい?将来不安?

投稿日:

転職しようと思ってる?

きっかけは何ですか?

このサイトでは、あなたが転職しようとする考えを、考え直すように引き止めるものではありません。

また、退職をお勧めするつもりもない。

 

少しばかり、長い自分自身の経験と社員を採用してきた経験から、ヒントを示すだけです。

転職するにしても、現職にとどまるにしても、知らずに後悔することが減ればいいと思うだけです。

 

先に答えを言えば、ブラック企業であろうと、ホワイトと言われる企業に、勤めたとしても、人間には必ず「不満か不安」が発生するように、プログラムされている。

いずれかの原因があり、それがきっかけで転職をする。

筆者も何度もしました。

その結果、不満か不安は、必ずあるものです。

それらがきっかけで、転職をして、改善されると思うのなら、必ず後悔する。

次に新たな不満か不安が起こるからだ。

 

転職のきっかけ|パワハラ・セクハラ

パワハラ

 

パワハラもセクハラも、一番やっかいかもしれない。

やっかいなのは、やってる方には、その意識が少ないからです。

 

パワハラ

ブラックと言われる企業の要素の一つだ。

会社が小さい場合は、逃れようが無い。

 

大きい会社の場合、人事異動によって、なくなる場合もある。

代わりに別の人が、パワハラを受ける可能性はある。

 

ただ、信じられないかもしれないが、パワハラをしている側の人間は、真面目に仕事に取り組んでいる人が、なりやすい傾向があるように思う。

元々は、他の人よりも、会社のために頑張ろうという意識が、強い人がなりやすい気がする。

 

その上の職位の人に相談して、部署異動をしてもらうしかない。

転職のきっかっけとしては、やはり多いのだとろうと思う。

 

セクハラ

筆者も長い経験の中で、その疑惑をかけられた同僚を知っている。

これは、同じハラスメントでも、パワハラとは、まるで違うものだ。

上席の人に相談して、改善されなければ、残念だが自分からさるしか方法はない、と思う。

証拠をつかめれば、訴える方法もあると思います。

 

 

 

転職のきっかけ|残業・休日が少ない

残業

 

外資企業では、日本の会社と違って、残業は問題にならないらしい。

それは、残業をするということは、自分の能力が低いことを認めることだから、だそうだ。

転職のきっかけとしては、やはり多いのだろう。

 

残業・付き合い残業・なんとなく帰りにくい空気感

営業職の社員が、顧客との商談のために残業になってしまうことがある。

これは、今の社会のシステム上、避けて通れないかもしれない。

しかし、今後、AIとIoT化が進むにつれて、営業の仕事の進め方も変化するはずです。

それによって、そういう残業は無くなるかもしれない。

 

しかし、一番不効率なのは、付き合い残業と帰りにくい空気感の残業です。

これは、ほとんど残業と言えない。

単なる居残りです。

筆者は、東証一部の大手に、10年間会社員として、勤務していたが、最初の2年がそんな感じでした。

営業現場に、夜7時過ぎに、支店長が入ってくる。

無言の圧力のまま、12時までい続ける。

今、思い出すと、「かなりイかれてる」としか思えない。

 

ただし、残業を転職のきっかけににはして欲しくない。

改善される可能性があるからだ。

 

休日が少ない

国訳を直接相手にする業務の特性上、この傾向はある。

つまり、合理的な理由がある。

そういう場合は、前項の「残業」も含めて、経営がうまく進んでいくようになると、改善するし、個人の年収アップにもつながる場合がある。

 

残念ながら、「場合もある」であります。

合理的な理由や原因がなく、慢性的にそういうことが常態化している会社もある。

その場合、「もう少し頑張れば」という気持ちにもならないだろう。

 

転職のきっかけにするには、やや疑問もある。

 

 

転職のきっかけ|やりがい・将来不安

やりがいを感じられない

 

ここから後は、いわゆるホワイトと呼ばれる企業に見られる傾向です。

休みは週休2日休めて、家族との時間も持てる。

無意味な残業もない。

しかし、問題がある。

自分という存在の重要性がないのです。

 

やりがいを感じられない

特に、ブラック、あるいはブラック気味と言われる会社から、パワハラや残業をきっかけとして、ホワイト企業に転職をしてきた人は、感じます。

自分という存在が、会社にとって重要ではない

つまり、いなくても、問題が何も起きない。

これは、人間には辛いことです。

人間の本質は、自分の重要性を褒められたくて、生きているからです。

 

ブラックな会社は、確かに問題を持っていた。

しかし、仕事に対しての評価は明確にあったし、叱られもしたが、褒められることもあった、そんなことを思い出す。

やりがいを感じられないことを、転職のきっかけとする人も少なくないのではないか。

 

将来不安

ここでいう将来不安とは、会社に対して思うのではなく、自分という存在の将来不安です。

出来るか出来ないかに、チャレンジするような仕事が巡ってくることは、ないからです。

つまり、成長する機会がない。

 

もちろん、部署異動があれば、新しい仕事に出会う。

しかし、大した難易度ではない。

成長につながるような難易度はない。

 

つまり、何年勤めても、キャリアアップやスキルアップが望めない

自分は、このままここにいて、ある日重要な職位に出世するようなことがあったとして、やっていけるのか。

1年2年という時間の経過とともに、スキルが何も増えていない自分に気づいているから、不安でしょうがない。

これは転職のきっかけにすべきだと思う。

 

転職のきっかけ|人間関係

人間関係のストレス

 

人間関係も転職のきっかけになる人がいます。

これもどちらといえば、ホワイト企業に多い。

人間関係にストレスを感じるくらい、仕事が暇なのです。

一部の人は、ここで怒るのかも知れないが、事実です。

会社員を30年と経営を10年やってきて、転職も5回しました。

 

人間関係にトラブルを持ってる人がいる職場は、はっきり言って、暇です。

互いに協力しないと、仕事が終わらない会社って、あります。

そういう会社には、人間関係のストレスがゼロだといえないが、転職のきっかけになるほどにはない。

 

だから、ホワイトの会社には、会社の中に、派閥的な縦のラインが存在する。

ここにも人間関係のストレスが生まれる。

 

給料が多くもらえて、仕事が忙しい部署や職種、あるいは転職をすれば、人間関係ストレスから解消される。

ゼロにはなりません。誤解のないように。

でも、そんなことで悩んでる暇は、その職種・職場には、ないのです。

 

以上。転職のきっかけとして、考えるにどうなのか、考えるヒントになればと思います。

 

スポンサーリンク

-転職
-,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.