面接の自己紹介

Tumisu / Pixabay

スポンサーリンク

転職

転職面接|合格したいなら対策すべき準備ポイント|会社社長が解説

2019-03-25

ポイント

この記事でお伝えすることは次の通りです。

転職面接の前には、何を準備しておいたら良いのか

・転職面接で見られてる印象を良くする

・転職面接の時にする逆質問対策

・転職面接の時に、自己紹介の準備

 

転職面接で採用する側とされる側で、大事に思っている事には、だいぶズレがあります。

そのためには、事前にやれる準備をできるだけ完璧にやっておくことです。

 

転職で、最も大事な面接の場面で、失敗しないために、しておくべき準備について、ご理解いただけると思います。

では、解説します。

 

 

転職の面接前には何を準備しておけば良いのか

転職の面接前には何を準備しておけば良いのか

 

大事な準備:転職面接の会社のホームページを研究しておく

 

面接官は、転職の応募者が、会社のことを研究して、面接に来てくれることを嬉しく思います。

面接官に、良く思われることは、転職面接の最重要ポイントです。

 

もしも「弊社のホームページはご覧になりましたか」と聞かれたら

社交辞令で「はい、ホームページを見てきました」と言っても、「本当かどうか」は、面接担当にはバレてしまいます。

 

必ず、見ておいてください。

とても効果的な大事な準備です。

同業他社との違いなどを見つけて置けたら、最高です。

 

入社への強い思い

繰り返しですが、面接官に、良く思われることは、とても重要です。

 

転職面接の中で、自社のホームページを見て来てくれたことが、分かると、面接官が必ず笑顔になります。

事前に見てこない人は、意外に多いので、このことだけでも、面接官はあなたに好印象を持ちます。

 

それは、同時に、面接官の心の中に、「この応募者は、転職入社したいと言ってる気持ちは、本気らしい」と印象付きます。

転職への真剣さを感じてもらえます。

 

面接官の気持ちがアップ

面接官にしてみれば、自社のホームページを見てくれている。

この準備で、面接官は笑顔に成、気持ちがアップします。

これが人間の心理です。

 

ホームページの研究と表現しましたが、簡単です。

同業他社のホームページも見て下さい。

特徴的なことに気づいたら、転職面接で、その事をほめて下さい。

採用合格の効果的な準備です。

50代の転職
50代の転職|覚悟して転職活動すべきです。キツイのは当たり前です

50代で転職するには相当な覚悟が必要です。 ポイント この記事でお伝えすることは、以下の通りです。 ・50代の転職は、同業種への転職なら早く実績を示すこと ・50代で異業種に挑戦は、非常にハードルが高 ...

続きを見る

 

 

 

転職面接の時のために、見た目を準備する

面接 注意

geralt / Pixabay

 

   大事な準備:転職面接時の見た目の対策

 

見た目の準備は、あなたが思っている以上に、重要です。

採用の結果を左右する可能性は、低くはないです。

 

キーワードは清潔感

見た目というのは、オシャレをしなさいということではありません。

「清潔感」です。

 

営業や販売の仕事の面接であれば、最重要ポイントです。

それ以外の職種であっても、「見た目の清潔感」派、あなたが思っている以上に、非常に重要な準備です。

 

服装や髪型、女性ならば化粧、をオシャレ方向ではなく、清潔感が伝わるように準備してください。

スーツやシャツのしわなど、なるべくない方が良いです。

アクセサリーは、マイナスです。

個性的なスタイルは、マイナスです。

 

人は見た目と人柄をイコールに見る傾向がある

人は見た目で判断します。

 

それは、人柄まで判断する傾向があります。

清潔感のない服装をして、面接に行けば、面接官は、あなたの人柄をも、不潔感のある人と判断します。

 

「人間は中身で勝負」というのは、深く知り合った後の事です。

せいぜい、20〜30分の面接で、どんな人なのか、真面目なのか、他の社員と上手くやっていけるのか、等を判断するのは、見た目から推測する部分は、大きいです。

ですから、後悔しないように、出来るだけの清潔感の準備をして下さい。

 

 

転職面接の際に逆質問対策を準備する

転職面接の際に質問はしても良いのでしょうか

 

 大事な準備:逆質問は自分の熱意の見せ所

 

転職面接にくる多くの応募者さんは、自分から質問(=逆質問)をする人は、少ないです。

これは大損です。

面接担当者の性格によって、多少の違いはあるかもしれませんが、質問をすること自体には、「前向き」「真剣さ」を感じるものです。

 

一般的に、転職面接で良い逆質問と思われるのは、採用された後に任される仕事についての質問です。

話し方・質問の仕方についても、準備しておいたら、損はないです。

 

仕事の具体的な内容や給料等の雇用条件が、明確な説明がなかった場合は、質問すべきだと思います。

言葉選びには、注意をした方がよいと思います。

第二新卒の転職。成功の3つのポイントとは
第二新卒の転職。成功の3つのポイントとは

第二新卒とは、一般的には「学卒後3年以内の方」を指します。 第二新卒の転職活動は、「短期で会社を辞めてしまった」と評価を受けることがあります。 そのため、第二新卒の転職は厳しいという意見も多く、決断す ...

続きを見る

 

 

 

転職面接時に自己紹介の準備はしておくか

面接時には自己紹介はした方が良いのでしょうか。

 

 大事な準備:転職面接での自己紹介

 

履歴書や職歴書で分かることは、基本要素だけです。

あなたの良いところは、自己紹介で教えてくれないと、分かりません。

 

自己紹介もまた、準備していない人が多いです。

必ず、自己紹介はした方が良いし、その話し方を準備しておいた方がいいです。

 

あまりに、消極的であったり、謙虚すぎると、面接官は、「転職入社に対して、あまり強い気持ちは持っていない」と判断してしまいます。

もし、話すのがどうしても、難しいと感じるのなら、レポートを準備してください。

自己紹介がわりに、自分の人柄や性格に関することを仕事のエピソードに絡めてレポートに書くことはオススメです。

 

転職面接の全てを対策するガイド|会社社長が徹底解明

スポンサーリンク

-転職
-, ,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.