四国への旅行はどこがおすすめ

四国への旅行はどこがおすすめ

スポンサーリンク

旅行

四国への旅行はどこがおすすめ?周り方は?

この記事のポイント

〇四国の特徴は

〇四国4県のそれぞれの旅行のおすすめは

〇四国4県の旅行の周り方は

 

この記事では、四国への旅行でどこがおすすめなのかについて、そして、どんな周り方がいいのかについて、ご紹介します。

 

これを読んで、四国への具体的な旅行の参考に役立ててください。

四国は、それぞれの県に特色があって、旅行する際にどこが人気なのか気になります。

また、四国を周って旅行するには、どうしたらいいのかについても考えてみたいと思います。

 

 

四国旅行の特徴と旅行する際のおすすめは

四国の旅行

四国の旅行

 

四国を旅行する際に、その特徴と旅行のポイント、おすすめの行き先について、まずご紹介します。

四国の特徴と旅行の魅力は

四国は、北海道や九州などと比べると小さな島という印象です。

 

しかし、四国山地には、愛媛県石鎚山の標高1,982mの山があり、西日本でも最も高い山となっています。

小さな島に高い山々が沢山あるのが四国の特徴です。

 

そして、海岸線はというと、穏やかな瀬戸内海がありますし、西は九州の大分県にも近い、豊予海峡、豊後水道があります。

西側の最南端は、高知県の足摺岬という見事な海岸線が魅力。

 

そして、最西端には、愛媛県の佐田岬があります。

南は太平洋に面している四国で、東端には、高知県室戸岬が美しいでしょう。

 

こうして見ると、小さな島に山と海の美しい風光明媚な場所がいっぱい詰まっていて、魅力的な島です。

 

四国4県の旅行のおすすめは、自然と温泉とグルメ

四国4県のそれぞれの旅行のおすすめを見ていくと、四国全体として、風光明媚な自然と温泉とグルメが魅力です。

 

香川県では讃岐うどんが有名。

うどん巡りをする人が多くいます。

香川県の小豆島も美しい自然と、エンジェルロードと言われているロマンティックなスポットが、若いカップルにも人気です。

金毘羅宮にも多くの人が旅行します。

 

愛媛県の松山城や人気の道後温泉、しまなみ海道も人気を集めています。

 

また、高知県の四万十川も最後の清流と呼ばれるなど魅力的な場所です。

太平洋を一望する桂浜や、坂本竜馬のゆかりの地を巡るのも人気です。

カツオのたたきなども、高知県の有名グルメですよね。

足摺岬周辺の海岸も絶景ですよ。

 

徳島県と言えば、鳴門の渦潮や大歩危・小歩危などの自然の景勝地が人気です。

阿波尾鶏の「骨付き鶏」なども人気のグルメです。

 

これらを周ると、四国の魅力がたっぷり堪能できるでしょう。

 

 

 

四国旅行の周り方!車で周るのが便利

四国の旅行 (1)

四国の旅行 (1)

 

四国旅行を周る場合には、電車のアクセスが良くありませんので、車で周るのが便利です。

本州から行った場合のアクセスを見ると、四国に行く方法には、3つの方法があります。

 

大阪方面からですと、鳴門大橋を通って徳島から周る方法が一番です。

岡山からですと、瀬戸大橋を通って香川から周ります。

広島からですと、しまなみ海道を通って愛媛に入ります。

 

それぞれに、アクセスが異なりますので、どこから行くのか、どこを観光したいのかで、周り方を決めるといいでしょう。

 

四国旅行では周りやすさを考えて

四国は、中央が四国山地ですので、島を1周するには日数がかかります。

四国を周る際には、エリア分けをして周ってみることが大切と言えるでしょう。

 

1泊2日ならば、香川県のうどん巡りなどにテーマを絞ります。

高知の四万十川、または香川の小豆島を中心にした、自然満喫の旅行もいいですよね。

 

2泊3日ならば、東四国の香川、徳島は割と一緒に周れるでしょう。

東四国だけを周って、香川、徳島だけを周る2泊3日などもおすすめです。

また、徳島、高知、愛媛と南部だけを周るのもいい方法です。

徳島の大歩危や高知城や桂浜の坂本竜馬ゆかりの地、道後温泉、そして松山城を見学。

西の愛媛も、高知となら一緒に周りやすいでしょう。

 

そして、四国一周をしたいならば、4泊5日掛けて周るのがおすすめです。

香川から、徳島、高知、愛媛という順で周れば効率的に一周可能です。

香川の高松空港から出発し、愛媛の松山空港から帰るというプランなら4泊5日を有効的に使えますよ。

 

 

四国旅行のまとめ

 

四国は、どの県も魅力があり、欲張って沢山行きたくなるでしょう。

しかし、四国全部を見るには、意外と多くの日数が必要だと思っておきましょう。

 

四国を周るには4泊したいという人が多くいます。

せめて、2泊~3泊するのがおすすめで、それだけ見所もありまし、周るのには時間がかかります。

ゆっくりと東四国だけや南だけ、西だけという風に区切るのもいい方法でしょう。

スポンサーリンク

-旅行
-,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.