営業の「コツ」教えます。「話し方と身だしなみ」にあります。

スポンサーリンク

営業

営業は見た目9割|特に髪型|男なら短髪でおでこ出し|ツーブロックはダメ

2019-04-09

不動産会社社長が解説します。

売れる営業マンになりたいなら、もっと外見にこだわるべきです。

特に髪型。

 

人は、見た目が9割です。

売れるか売れないかも、見た目に影響されます。

 

身だしなみや服装・ネクタイも大事だが、最も重要なのは、髪型です。

なぜなら、商談の最中、顧客が話しているとき・営業が話しているとき、見ているのは服装ではなく、「顔」です。

顔を見ているときに、良くも悪くも影響するのは、「髪型」です。

 

いくら良いトークをしていても髪型に清潔感がないと、商談はまとまりません。

 

 

 

営業は見営業は見た目9割|特に髪型|男なら短髪でおでこ出し|ツーブロックはダメ

話し方

 

アメリカの心理学者のアルバート・メラビアンが提唱したメラビアンの法則。

 

メラビアンの法則とは、「人は人との会話の内容は、その場から分かれたあとで、覚えていることは、言語に関する事が7%しかない」ということです。

話し口調や速さ、声の感じなどが38%、見た目に関する事(表情や仕草・態度・見た目)が55%とされています。

つまり、一生懸命に話したのに、相手の記憶に残っているのは、「見た目がほとんど」ということです。

 

営業が成功するかどうかは、見た目で決まっていたということです。

見た目というと、服装や持ち物に意識がいきます。

確かに、それらも重要です。

しかし、最も重要なのは「髪型」です。

 

自分なりの個性あるオシャレ感を持って髪型を意識している人がいます。

しかし、もし売れる営業マンになりたいと考えるならば、髪型には法則があります。

 

顧客が営業に求めるのは、信頼感です。

信頼感を演出するには、髪型を意識してください。

基本ルールは、「短髪+おでこ出し」です。

 

ツーブロックやスキンヘッドは、売れる営業マンになりたいと思うのならば、やめておくべきです。

no image
結婚間近!?空手が強いって本当?出身高校は?横浜流星がどんな人かを詳しく解説します

4分間のマリーゴールド出演の横浜流星について この記事を読むと次のことが分かります。   ポイント ・横浜流星に彼女はいるのか、結婚願望があるのかどうか ・横浜流星の得意なスポーツ ・横浜流 ...

続きを見る

 

 

営業の髪型|顧客が信頼を感じやすいのは、短髪+おでこ出し

外見を磨けば、良い営業になれる。話の中身じゃない。

 

あなたにとって、信頼できる「良い営業マン」の姿を想像してみてください。

 

あなたにとっての信頼できる良い営業マンの姿は、実は他の人とあまり違いがありません。

目を閉じて、イメージしてください。

どんな髪型をしていますか?

長いですか?

短いですか?

 

多くの人に、共通する信頼感を感じやすい営業の髪型は、「短髪+おでこ出し」です。

 

短髪は、「清潔感」を伝えます。

おでこ出しは、「自信」を伝えます。

おでこを隠すと、自信なさげに見えます。

つまり、清潔感+自信が、信頼感になりやすいということです。

 

 

営業の髪型|ツーブロックや長髪はやめたほうがいい

 

売れない営業ほど資料やトークにこだわります。

 

現代の営業は、一昔前の営業とは、違います。

顧客との接触回数・時間が圧倒的に減少しています。

 

顧客は、ネットからの情報で、一昔前の何百倍の情報も得ることができます。

こだわりの強い顧客だと、並の営業では敵わないほどに、勉強をしている顧客もいます。

ですから、何度も面談して、徐々に商談を進めるということが、非常に少なくなっています。

 

ということは、「よくよく話してみたら良い営業だった」と思われることがなくなってきているのです。

営業に対しての第一印象が、商談の行方を決める時代になってきています。

 

ですから、売れる営業になりたいと思うなら、まずは髪型にこだわるべきです。

短髪で清潔感を伝え、おでこを出して、自信を感じてもらうのです。

 

ダメな髪型・今すぐやめたほうがいい髪型は、次の3つです。

1)スキンヘッド

いくら短髪がいいといっても、スキンヘッドはやりすぎです。

清潔感というよりも、「威圧感」を感じさせます。

怖がられます。良い商談に進むことはありません。

 

2)ツーブロック

ツーブロックには、色々とバリエーションもあるようですが、基本的にサイドを刈り上げ、トップ部分を伸ばしています。

本人は、「おしゃれだろ」と思っているかもしれませんが、営業マンの髪型としては、まずいです。

 

最もまずいのは、トップの長い髪です。

これが人によっては、不潔感を感じさせます。

最近は40代50代の営業でも、ツーブロックにしている人を見かけます。

 

人と接することが仕事ではない人なら問題ないです。

しかし、営業のように、人と接する仕事の人の場合はやめるべきです。

個性が強い髪型は、好みが明確に分かれます。

 

好きじゃない・不潔感を感じるという半分の顧客を捨て去ることになります。

 

3)ロング

あまり見かけることがなくなった髪型です。

これは、やはり清潔感からは程遠いです。

営業として成功したい、売れる営業になりたいと考えるのなら、今すぐやめるべきです。

 

 

まとめ

髪型を短髪+おでこ出しにすると、営業としての見られ方が変わります。

清潔感と自信が、前面に出てきます。

 

売れる営業マンになるということは、好かれやすい人になるということでもあります。

それでも、自分の個性が大事だと思うのならば、ツーブロックで顧客に会えばいいです。

でもそれでは、顧客の数は半減します。

 

営業を成功させるための基本について徹底解明

スポンサーリンク

-営業
-,

Copyright© 過去40年の記憶から , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.